メインメニューを開く

竹中 直人(たけなか なおと、1956年3月20日[3] - )は、日本俳優声優映画監督タレントコメディアン歌手

たけなか なおと
竹中 直人
竹中 直人
右が竹中直人(左は胡兵
生年月日 (1956-03-20) 1956年3月20日(62歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市金沢区
身長 168 cm
血液型 A型
職業 俳優声優映画監督タレントコメディアン歌手
ジャンル 映画テレビドラマ舞台・バラエティ
活動期間 1983年[1] -
配偶者 木之内みどり1990年 - )[2]
所属劇団 劇団青年座1980年 - 1990年
事務所 レディバード
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
テレビドラマ
秀吉
伝説の教師
GOOD LUCK!!
のだめカンタービレ
坂の上の雲
軍師官兵衛
ようこそ、わが家へ
映画
無能の人
シコふんじゃった。
EAST MEETS WEST
Shall we ダンス?
三文役者
連弾

神奈川県横浜市[4]金沢区出身[5]多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業[6]レディバード所属。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授[6]。妻は元アイドル歌手、女優の木之内みどり[2]。身長168cm、血液型はA型[3]

目次

来歴編集

生い立ち編集

神奈川県横浜市金沢区富岡に生まれ、横浜市立富岡小学校[7]関東学院六浦中学校関東学院六浦高等学校を卒業[5]

1976年多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻に入学[4]1980年に卒業[6]。大学在学中は「映像演出研究会」に所属[8]。8ミリ映画の制作に没頭し、監督から出演までこなす。この時に地蔵が首を振って笑う「首振り地蔵の怪」という短編映画を撮影した[注釈 1]

大学在学中の1977年、『ぎんざNOW!』(TBS)の「素人コメディアン道場」で第18代チャンピオンに輝く。その後、『TVジョッキー』(日本テレビ系)の素人参加コーナーにてモノマネ芸でチャンピオンとなり注目される。1979年12月に、『欽ちゃんの仮装大賞』の第一回でモノマネを披露(タイトルは「松田優作ドラキュラ」)、番組初の不合格となる。

大学在学中に自主映画の製作に携わったことで俳優を志し、1980年に大学を卒業後、「洋モノ」をやらないとの理由で劇団青年座に入団する[8][10]

芸能界入り後の活動編集

コメディアンとして編集

俳優だけでは一生食べていけないと感じ始めていた折にプロダクション人力舎玉川善治から声を掛けられて[10]1983年、テレビ朝日『ザ・テレビ演芸』のオーディションコーナー「飛び出せ!笑いのニュースター」に出演してグランドチャンピオンになり、デビュー[1]。普段は辛口な評論をする司会の横山やすしから絶賛され、その後バラエティ番組に多数出演する。1985年にはシティーボーイズいとうせいこう宮沢章夫らと演劇/コントユニット「ラジカル・ガジベリビンバ・システム」(RGS)を結成。1989年にスタートした「東京イエローページ(TBS)」や「竹中直人の恋のバカンス(テレビ朝日)」、「デカメロン(TBS)」などの深夜番組でビシバシステムらと演じたコントは、今だお笑いファンからカルト的な支持を得ている。

コメディアンとしては『東京イエローページ』、『竹中直人の恋のバカンス』、『デカメロン』などに出演。番組終了後もCSにおける再放送やDVDソフト化が実現した。

俳優として編集

映画やテレビドラマも当初は脇役での奇矯な演技が多かった(『痴漢電車・下着検札』〈1984年〉準主演では、全演技を得意の松本清張と松田優作の物真似で通している)が、次第にシリアスな小市民、悪役などへも役柄を広げていった。

劇団青年座を1990年に退団後、劇作家の岩松了と舞台「竹中直人の会」を開始、2002年までほぼ一年に一度のペースで公演を行う。

1996年NHK大河ドラマ秀吉』で主演の豊臣秀吉役に抜擢され、平均視聴率30.5%、最高視聴率37.4%の高視聴率を記録するヒット作となった[11][12]。後にモビットのCMで竹中が秀吉役を演じたり、パチスロ機『竹中直人のパチスロ太閤記』が登場するなど、反響が大きかった。これ以降、豊臣秀吉は竹中の当たり役となり、テレビ朝日敵は本能寺にあり』(2007年12月放送)においても、再び秀吉を演じており、18年後のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』(2014年放送)でも秀吉を演じる[11][12]

1999年、従来から形態模写の対象としていた遠藤周作を主人公としたTBSドラマ『夫の宿題』(遠藤夫人の回顧録が原作)に遠藤周作役で出演。

同じTBSにおいて、全日空(『GOOD LUCK!!』・2003年1月放送)と日本航空(『ボイスレコーダー〜残された声の記録〜ジャンボ機墜落20年目の真実』・2005年8月12日放送)の両方のパイロットの役(後者はJAL123便事故に関わった実在の元日本航空パイロット)を演じた。

大河ドラマ主演を経た現在もなお奇矯な役柄での出演は並行して続けている。ドラマでは外国人の役を演じることもある(『神の雫』、『のだめカンタービレ[9]など)。

映画監督として編集

1991年つげ義春の漫画『無能の人』を映画化する際、奥山和由に才能を見出されて主演を務めると共に監督にも抜擢され、同作が監督デビュー作となった。

その後も『サヨナラCOLOR』(2005年)など長編6作品の監督を手がけている[13][14]

その他の活動編集

雑誌『キネマ旬報』に連載のエッセイ「少々おむづがりのご様子」が1992年のキネマ旬報読者賞を受賞するなど、エッセイストとして文筆活動を行う。

歌手としても高橋幸宏プロデュースのアルバム『MERCI BOKU』、『イレイザーヘッド』などを発表。2006年7月、竹中直人&ワタナベイビーとして、「今夜はブギー・バック」をカバー(プロデュース・スチャダラパー)。

その他様々なラジオパーソナリティバラエティ番組などの司会を担当している。

2006年4月、母校である多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン学科客員教授に就任。本人の公式ホームページで、2010年4月11日に初めて明かした。

私生活編集

1989年の劇団青年座『写楽考』の海外公演でスペインに約1か月間滞在中、偶然出会った元アイドル歌手・女優の木之内みどりをお気に入りの喫茶店に誘ったことをきっかけに結婚相手として意識し、仕事でニューヨークへ向かった木之内を追いかけて同地にてプロポーズ。1990年に結婚した[2]。木之内との間に同年に一女を、1997年に一男を設けている[15]

人物編集

スケジュール以外では仕事を断らないことで有名[9][16]

話の流れを知ってて演じるのが嫌い。明日のことを分からないで生きているのに、演じるときに把握してるのが嫌で台本は読み込まない[17]

出演編集

映画(出演)編集

テレビドラマ編集

テレビ番組 編集

ビデオ作品編集

劇場版アニメ編集

日本語吹き替え編集

舞台編集

バラエティ番組編集

CM編集

テレビアニメ編集

OVA編集

ゲーム編集

ラジオ編集

ラジオドラマ編集

作品編集

映画(作品)編集

音楽活動編集

著書編集

単著編集

  • 『少々おむづかりのご様子』角川書店(1993年)、角川文庫(1996年)
  • 『朱に交わればしゅらしゅしゅしゅ』扶桑社(1994年)
  • 『月夜の蟹』角川書店(2000年)、改題『直人の素敵な小箱』角川文庫(2003年)
  • 『おぢさんの小さな旅?』講談社(絵本)、2006年
  • 『役者は下手なほうがいい』NHK出版新書、2016年

共著編編集

受賞歴編集

主なネタ・ものまね・キャラクター・フレーズ編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ 皆に作品を馬鹿にされたため、「(笑いながら)ふざけんじゃねぇ、コノヤロー」と言ったところ大爆笑となったことが“笑いながら怒る人”の起源だという[9]

出典編集

  1. ^ a b 竹中 直人”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ a b c “竹中直人、愛娘の結婚報告に男泣き「大人げなく涙がこぼれた」”. Sponichi Annex. (2017年10月5日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/10/05/kiji/20171005s00041000262000c.html 2018年5月26日閲覧。 
  3. ^ a b 竹中直人”. 日本タレント名鑑. VIPタイムズ社. 2017年1月24日閲覧。
  4. ^ a b 竹中直人 - 略歴・フィルモグラフィー”. KINENOTE. キネマ旬報社. 2017年1月24日閲覧。
  5. ^ a b 著・竹中直人 角川書店(のち「直人の素敵な小箱」と改題し文庫化) 物語でめぐるわが街”. タウンニュース. タウンニュース社 (2017年12月7日). 2018年5月26日閲覧。
  6. ^ a b c 竹中 直人”. 多摩美術大学. 多摩美術大学卒業生たちがつくったもの。. 2018年9月1日閲覧。
  7. ^ ウチくる!? 12月4日放送 12:00 -”. TVでた蔵. ワイヤーアクション (2016年12月4日). 2018年5月26日閲覧。
  8. ^ a b 竹中, 直人 (2018年4月2日). 竹中直人は仕事を選ばない? 学生映画に“ノーギャラ”出演の過去. インタビュアー:林真理子. AERA dot.(朝日新聞出版).. https://dot.asahi.com/wa/2018033000021.html?page=1 2018年9月1日閲覧。 
  9. ^ a b c d 竹中直人“笑いながら怒る人”誕生秘話明かす 20歳で完成し「40年続いてる」”. ORICON NEWS. オリコン (2018年2月21日). 2018年5月28日閲覧。
  10. ^ a b 竹中, 直人 (2015年10月16日). 竹中直人が語る役者論「まずは最初の“観客”であるスタッフを楽しませること」. インタビュアー:鴇田崇. ORICON NEWS(oricon ME).. https://www.oricon.co.jp/special/48337/ 2018年9月1日閲覧。 
  11. ^ a b 植草信和 (2018年8月5日). “「秀吉」主演の竹中直人が今だから明かす“いちもつの思い出””. AERA dot. (朝日新聞出版): p. 2. https://dot.asahi.com/dot/2018080500003.html?page=2 2018年9月1日閲覧。 
  12. ^ a b “竹中直人:大河で18年ぶり秀吉 「前にできなかったことができる予感」”. MANTANWEB (MANTAN). (2014年1月4日). https://mantan-web.jp/article/20131229dog00m200160000c.html 2018年9月1日閲覧。 
  13. ^ “竹中直人特集で『サヨナラCOLOR』など全長編監督作7本上映&トーク”. CINRA. (2016年3月15日). https://www.cinra.net/news/20160315-takenakanaoto 2018年9月1日閲覧。 
  14. ^ “竹中直人の長編監督作を集めた特集上映、鈴木京香や周防正行が登壇するイベントも”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2016年3月16日). https://natalie.mu/eiga/news/179881 2018年9月1日閲覧。 
  15. ^ “【大河のころ 竹中直人(1)】ハイテンションすぎて起きた“横チン事件””. SANSPO.COM (産業経済新聞社): p. 3. (2018年4月1日). http://www.sanspo.com/geino/news/20180401/geo18040111000004-n3.html 2018年9月1日閲覧。 
  16. ^ 竹中, 直人 (2018年4月2日). 竹中直人は仕事を選ばない? 学生映画に“ノーギャラ”出演の過去. インタビュアー:林真理子. p. 2. AERA dot.(朝日新聞出版).. https://dot.asahi.com/wa/2018033000021.html?page=2 2018年9月1日閲覧。 
  17. ^ INLIFE 有名人が語る男前の条件「竹中直人」
  18. ^ 仲間由紀恵が本木雅弘の恋人 原発テロ『天空の蜂』で鍵を握る女に”. シネマトゥデイ (2015年2月23日). 2015年2月23日閲覧。
  19. ^ 『GONIN』続編、竹中直人&福島リラが最凶の殺し屋コンビに”. シネマトゥデイ (2015年2月20日). 2015年2月20日閲覧。
  20. ^ キャスト”. 仮面ライダー×仮面ライダー ゴースト&ドライブ 超MOVIE大戦ジェネシス オフィシャルサイト. 2015年12月13日閲覧。
  21. ^ キャスト スタッフ”. 風の色. 「風の色」製作委員会. 2018年1月25日閲覧。
  22. ^ 有村架純主演ドラマ『海に降る』キャスト追加発表”. ORICON (2015年7月21日). 2015年7月21日閲覧。
  23. ^ 竹中直人、史上初“インバウンドラマ”で怪演”. ORICON STYLE (2016年1月6日). 2016年1月6日閲覧。
  24. ^ 小籔千豊、ドラマ初主演に弱気「メチャメチャ演技ヘタ」 片瀬那奈と金銭トラブル解決”. ORICON (2015年12月5日). 2015年12月5日閲覧。
  25. ^ 米倉涼子、松本清張原作の歴史サスペンスに主演”. ORICON (2016年2月19日). 2016年2月19日閲覧。
  26. ^ 『昼のセント酒』石倉三郎が“ケツテロ”参戦 竹中直人は「シーズン2で」”. ORICON (2016年6月4日). 2016年6月5日閲覧。
  27. ^ “大野拓朗、主演ドラマでの葛藤振り返り号泣「大変だった」”. ORICON STYLE. (2016年8月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2076189/full/ 2016年8月3日閲覧。 
  28. ^ “竹中直人“月9”7回目のレギュラー出演「愛してるぜ!」”. ORICON STYLE. (2016年11月5日). http://www.oricon.co.jp/news/2081042/full/ 2016年11月8日閲覧。 
  29. ^ “黒柳徹子の半生が“帯ドラマ”に 『トットちゃん』松下奈緒、山本耕史ら出演者発表”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年6月9日). http://www.oricon.co.jp/news/2092113/full/ 2017年6月9日閲覧。 
  30. ^ ストーリー”. 日曜ワイド. テレビ朝日 (2018年). 2018年5月26日閲覧。
  31. ^ ストレンヂア 無皇刃譚 SWORD OF THE STRANGER”. メディア芸術データベース. 2016年10月1日閲覧。
  32. ^ 豪華ゲストキャスト発表!”. 映画「伏 鉄砲娘の捕物帳」公式サイト. 2012年9月15日閲覧。
  33. ^ “三村マサカズ「ONE PIECE」劇場版のゲスト声優に、竹中直人は7年ぶり参戦”. 映画ナタリー. (2016年6月29日). http://natalie.mu/eiga/news/192603 2016年6月29日閲覧。 
  34. ^ “西島秀俊と竹中直人が劇場アニメ「ペンギン・ハイウェイ」出演、新予告も解禁”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2018年6月27日). https://natalie.mu/eiga/news/288523 2018年6月27日閲覧。 
  35. ^ 竹中直人、ヒーローを率いる“謎の男”に”. 読売新聞 (2012年5月24日). 2012年5月24日閲覧。
  36. ^ “話題のふきカエ アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー”. ふきカエル大作戦!!. (2018年6月19日). https://www.fukikaeru.com/?p=9503 2018年6月19日閲覧。 
  37. ^ 佐々木希、舞台に初挑戦「とても緊張」”. シネマトゥデイ (2015年4月14日). 2015年4月14日閲覧。
  38. ^ “さまぁ~ず、ダリ展の応援団に就任「だり(誰)よりも光栄」”. お笑いナタリー. (2016年8月25日). http://natalie.mu/owarai/news/199306 2016年8月25日閲覧。 
  39. ^ TBSラジオドラマスペシャル SEKAI NO OWARI 藤崎彩織 原作『ふたご』6月17日放送決定!(TBSラジオ)、2018年6月17日閲覧

外部リンク編集