メインメニューを開く
東側の香貫山から望む千本松原と駿河湾
西側から望む富士市田子の浦港周辺から東へ延びる千本松原
沼津市、千本松原内

千本松原(せんぼんまつばら)は静岡県沼津市狩野川河口から、富士市田子の浦港の間約10kmの駿河湾岸(正式名称富士海岸、通称千本浜)に沿って続いている松原。

林越しに富士山を望むことが出来る。数々の文人たちに愛されたということでも知られている。中でも大正15年(1926年)には歌人若山牧水が静岡県の伐採計画に対し新聞に計画反対を寄稿するなど運動の先頭に立ち計画を断念させた話は有名である。日本百景日本の白砂青松100選にも選ばれている。

千本とはいうものの、現在は30数万本以上あるという。

1976年東海地震説が発表されてから、駿河湾の海岸では津波対策が盛んに行われるようになった。松原と海岸の間には堤防が築かれ、景観を損ねているという意見もある(東海地震については#現在も参照)。

由来編集

元々は防潮・防風のため農民が植えたと伝えられる。1580年武田勝頼率いる武田氏が駿河に攻め入った際に、これを迎え撃った北条氏が応戦したが、この戦いで武田勢が同海岸線に上陸した際に、合戦の邪魔になるとして伐採してしまった。このため周辺農民が育てていた作物は風害塩害で壊滅的な被害をこうむったという。これに心を痛めた山城延暦寺の乗運上人の弟、長円は衆生済度の大願をかけながら松を植え続けた。当初は松もすぐに潮風を受け枯れてしまう惨状であったが、約5年の歳月をかけ千本の松を植えて根付かせ、これが松原の由来となった。

後に長円は増誉上人となったが、里人らが彼をたたえて開いた庵が、後の沼津市出口町にある乗運寺である。なお余禄ながら、千本松原を愛した若山牧水も同寺に葬られている。

現在編集

現在は、本来の防潮林・防風林という目的だけでなく、駿河湾景勝地、または静岡県景勝地として栄えている。 また、2011年12月下旬、東海地震の瓦礫処分場に選ばれるなど、災害の面でも良いという意見も有る中、津波で木が流されるのではないか、という意見もある。

ギャラリー編集

参考文献編集

  • 『沼津今昔-秘話を探る(その1)』柴田寿彦 昭和61年2月(沼津市立図書館・郷土資料)

関連項目編集