メインメニューを開く

千葉県高等学校の廃校一覧

ウィキメディアの一覧記事

千葉県高等学校の廃校一覧(ちばけんこうとうがっこうのはいこういちらん)は、千葉県の廃校となった高等学校の一覧。対象となるのは学制改革(1948年)以降に廃校となった高等学校と分校である。名称は廃校当時のもの。廃校時に属していた自治体が合併により消滅している場合は現行の自治体に含める。また、現在休校中の学校は公式には存続していることとなっているが、休校中の学校は事実上廃校となっている場合が多いため、便宜上本項に記載する。

小学校中学校と異なり、生徒が在学中に在籍校が変更となることはほとんどなく、新設校が開校する年と旧校が閉校となる年は異なることが多い。また、統合した場合でも片方の高等学校が旧校の生徒が卒業するまで存続扱いとなる場合もある。

千葉市編集

  • 千葉県立幕張北高等学校(1996年統合により千葉県立幕張総合高等学校へ)
  • 千葉県立幕張西高等学校(同上)
  • 千葉県立幕張東高等学校(同上)
  • 千葉県立若葉看護高等学校(2004年幕張総合高校へ統合)

船橋市編集

市川市編集

松戸市編集

柏市編集

流山市編集

野田市編集

我孫子市編集

銚子市編集

大網白里市編集

茂原市編集

勝浦市編集

  • 千葉県町立勝浦高等学校(初代)(1950年御宿高校と統合し夷隅高校へ)
  • 千葉県立勝浦高等学校(2代目)(1966年夷隅高校から勝浦高校へ校名を戻し、2005年御宿高校と再統合。千葉県立勝浦若潮高等学校となる)
  • 千葉県立勝浦若潮高等学校(2015年4月より千葉県立岬高等学校と共に千葉県立大原高等学校へ統合となり、2017年3月まで大原高等学校勝浦キャンパスへと名称変更。2017年4月に実習施設を残して閉校舎)

いすみ市編集

  • 千葉県立岬高等学校 (2015年4月より千葉県立勝浦若潮高等学校と共に千葉県立大原高等学校へ統合となり、2017年3月まで大原高等学校岬キャンパスと名称変更。2017年4月に実習施設を残して閉校舎)

館山市編集

市原市編集

  • 千葉県立鶴舞高等学校(1950年市原実業高校と統合し市原第二高校へ)
  • 千葉県立市原実業高等学校(1950年鶴舞高校と統合し市原第二高校へ)
  • 千葉県立市原第二高等学校(1955年鶴舞商業高校と市原園芸高校へ分割)
  • 千葉県立鶴舞商業高等学校(2005年市原園芸高校と統合し、鶴舞商業高校跡地に千葉県立鶴舞桜が丘高等学校を設置)
  • 千葉県立市原園芸高等学校(2005年鶴舞商業高校と統合し、鶴舞商業高校跡地に鶴舞桜が丘高校を設置。市原園芸高校跡地はグリーンキャンパスとして整備し、実習施設等として使用。)
  • 千葉県立鶴舞桜が丘高等学校(2019年市原高校と統合)
  • 科学技術工業高等学校(1961年市原市の富士電機株式会社千葉工場内に創立。1973年に廃校)[1]

大多喜町編集

御宿町編集

  • 千葉県立御宿高等学校(1950年に初代勝浦高校と統合し夷隅高校御宿校舎となり、1965年千葉県立御宿家政高等学校として独立、1993年、普通科設置に伴い、御宿高校に校名を戻し、2005年に2代目勝浦高校へ再統合。2007年に校舎を閉鎖)

関連項目編集

 出典 編集