メインメニューを開く

千葉絢子

千葉 絢子(ちば じゅんこ、1978年7月24日 - )は、日本政治家岩手県議会議員(1期)。元岩手めんこいテレビアナウンサー。

ちば じゅんこ
千葉 絢子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 岩手県西磐井郡平泉町
生年月日 (1978-07-24) 1978年7月24日(40歳)
血液型 O型
最終学歴 慶應義塾大学
職歴 岩手めんこいテレビ
活動期間 2001年 - 2015年
ジャンル 報道・情報
配偶者 あり
公式サイト 千葉絢子 Official Website
出演番組・活動
過去mitスーパーニュース
千葉 絢子
ちば じゅんこ
生年月日 (1978-07-24) 1978年7月24日(40歳)
出生地 岩手県西磐井郡平泉町
出身校 慶應義塾大学法学部
前職 アナウンサー
所属政党 無所属
配偶者 あり

選挙区 盛岡選挙区
当選回数 1回
在任期間 2015年9月11日[1] - 現職
テンプレートを表示

目次

略歴編集

岩手県西磐井郡平泉町出身。 岩手県立一関第一高等学校慶應義塾大学法学部政治学科卒業後、2001年岩手めんこいテレビへ入社。入社半年で『mitスーパーニュース』のキャスターに起用される。 2003年には『FNNスピーク』で夏休み中の高木広子の代役を務め、その翌年には『ニュースJAPAN』で滝川クリステルの代役も務めている。

私生活では入社1年後輩の営業職である夫との間に3人の子供がいる。『VERY』(光文社)2012年4月号の連載記事「家族のコトバ」では、家族と東日本大震災について語っている。同じ年に再び産休に入り、2013年4月に復帰した。

2012年に坂口奈央が退社したことにより、同社では高橋裕二と並び最古参のアナウンサーとなる。2015年3月には第31回FNSアナウンス大賞で大賞を受賞するが[2]、同月末に退社した[3]

同年4月からは、フリーアナウンサーとしてエフエム岩手などでレギュラー番組を務めていたが、5月末までに全て降板。9月投票の岩手県議選に盛岡選挙区から、いわて県民クラブの支援を受けて無所属で立候補することを表明した。[4]

6日に行われた選挙では盛岡選挙区でトップ当選し、岩手県議に就任した[5]

出演番組編集

岩手めんこいテレビ時代

退社後

  • Posh!(エフエム岩手、2015年4月6日 - 5月18日) - フリー後初の他局レギュラー番組
  • ⑧キュン(岩手めんこいテレビ) - ナレーション

外部リンク編集

出典編集

  1. ^ 地方公共団体の議会の議員及び長の任期満了調
  2. ^ menkoinews (2015年3月16日). “【大賞に千葉絢子アナウンサー】”. めんこいニュース. Facebook. 2015年6月13日閲覧。
  3. ^ 米澤かおり (2015年4月1日). “新年度…別れの季節”. かおリーナのアン・ドゥ・トロワ. 岩手めんこいテレビ. 2015年6月13日閲覧。
  4. ^ “フリーアナウンサー千葉氏が出馬へ 県議選盛岡選挙区”. 岩手日報. (2015年5月29日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/news.cgi?sen=20150529_1 2015年6月13日閲覧。 
  5. ^ “4選挙区で女性トップ当選 岩手県議選、新人が躍進”. 岩手日報. (2015年9月7日). http://www.iwate-np.co.jp/cgi-bin/topnews.cgi?20150907_3 2015年10月10日閲覧。