メインメニューを開く

南相馬インターチェンジ

日本の福島県南相馬市にある常磐自動車道のインターチェンジ

南相馬インターチェンジ(みなみそうまインターチェンジ)は、福島県南相馬市にある常磐自動車道インターチェンジである。

南相馬インターチェンジ
南相馬インターチェンジ入口
南相馬インターチェンジ入口
所属路線 E6 常磐自動車道
IC番号 22
料金所番号 04-125
本線標識の表記 南相馬
起点からの距離 251.2 km(三郷IC/JCT起点)
浪江IC (18.4 km)
接続する一般道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
都道府県道12号標識
福島県道12号原町川俣線
供用開始日 2012年4月8日
所在地 975-0071
福島県南相馬市原町区深野
テンプレートを表示

概要編集

JR原ノ町駅から約6km西側に位置する。南相馬市原町区のほか、川俣町への最寄りのインターチェンジでもある。

当初は2011年(平成23年)度に当ICを含む常磐富岡IC - 相馬IC間の開通を目指していたが、2011年(平成23年)3月11日東日本大震災及び東京電力福島第一原子力発電所事故の影響で建設中断となった。その後、同年6月に当IC - 相馬IC間を先行的に部分開通させることを決定し、当初の予定通り2012年(平成24年)4月8日に開通した[1]。常磐富岡IC - 当IC間については、福島第一原発事故の帰還困難区域(事故発生当初は警戒区域)となっており、開通の目途が立っていなかったが、同年8月31日浪江IC - 南相馬IC間を2014年度の開通を目標に建設を行うことが発表された。

当初は、建設中の仮称として「原町インターチェンジ」(はらまちインターチェンジ)という名称が使用されていたが[2]、南相馬市による名称の意見募集[2]や土地利用計画案[3]の他、NEXCO東日本の開通予定区間一覧[4]では「南相馬インターチェンジ」の名称が使用されるようになり、2012年3月9日に開通日時の発表と同時に南相馬ICという名称で正式決定された。

歴史編集

周辺編集

道路編集

接続する道路編集

料金所編集

料金所は終日無人で、一般レーンを利用する場合は自動精算機にて精算することとなる。

  • ブース数:4

入口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

出口編集

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集