メインメニューを開く

ソト語

バントゥー語族の言語。南アフリカ、レソトの公用語
南部ソト語から転送)

概要編集

アフリカ中南部で話されているバントゥー語群の南東グループ(Nguni)に属しており、ツワナ語、北ソト語、ロズィ語に近い。

レソトでは英語と並ぶ公用語であり、1993年のレソト政府による国勢調査によると、人口の約85%に相当する約149万3000人が話していることが分かっている。

南アフリカ共和国ではアパルトヘイト政策が撤廃された1994年に公用語に加わり、11の公用語の一つとなっている。2001年の国勢調査によると、人口の約8%に相当する約400万人が母語としている。また、国勢調査の対象とはなっていないが、多言語使用が進んでいるヨハネスブルグソウェトツワネなどを中心に、少なくとも500万人以上がソト語を第二言語、または第三言語としている。

方言編集

この言語には他の言語には見られない、独特の方言が用いられている。レソトでは語彙の変化がはっきりと分かる。この方言は様々な表現に使用されている。19世紀には本格的な国家が誕生し、それに伴って氏族の間で用いられた。現在、方言はあまり用いられていない。

音韻編集

9つの母音があり、母音子音ふるえ音破擦音は非常に高く、鼻音化している。

文法編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ ペディ語は北ソト語の方言であり、北ソト語全体を指して「ペディ語」と呼ぶのは誤り。

関連項目編集

外部リンク編集