メインメニューを開く

南都鏡神社(なんとかがみじんじゃ)は、奈良県奈良市高畑町にある神社である。藤原広嗣を祭神とする。

南都鏡神社
Nanto Kagami jinja 2015.jpg
所在地 奈良県奈良市高畑町468番地
位置 北緯34度40分31.8秒
東経135度50分46.2秒
座標: 北緯34度40分31.8秒 東経135度50分46.2秒
主祭神 天照皇大神藤原広嗣地主神
社格 旧村社、神饌幣帛料供進社[1]
本殿の様式 春日造
地図
南都鏡神社の位置(奈良市内)
南都鏡神社
南都鏡神社
テンプレートを表示

目次

由緒編集

天平から天平神護729年767年)年間に、頭塔の近くにある福智院玄昉の弟子報恩肥前国唐津から鏡神社勧請して祀ったのが始まりである。続いて、藤原広嗣の屋敷跡ともされる現在地に移転し、新薬師寺の鎮守とされた。

現在の本殿は、延享3年(1746年)に春日大社の第三殿を譲り受け、移築されたものである。一間社春日造建築で、奈良市指定文化財となっている。

祭神編集

別社 、末社、摂社編集

別社
末社
摂社

交通アクセス編集

  • 近鉄奈良駅から奈良交通バス「中循環」で「破石町」下車東へ徒歩10分
  • JR奈良駅から奈良交通バス「市内循環」または「中循環」で「破石町」下車東へ徒歩10分

出典編集

参考文献編集

  • 『奈良県史 5 神社』奈良県史編集委員会、名著出版、1989年。

関連項目編集