メインメニューを開く

原 清(はら きよし、1889年5月2日 - 1976年8月26日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍中将

原 清
生誕 1889年5月2日
日本の旗 日本 佐賀県
死没 (1976-08-26) 1976年8月26日(87歳没)
所属組織 日本海軍
軍歴 1912 - 1943
最終階級 海軍中将
テンプレートを表示

経歴編集

教員、原権市の長男として佐賀県で生れる。唐津中学校を経て、1910年7月、海軍兵学校38期)を首席で卒業し、同年12月に海軍少尉任官。海軍大学校で乙種学生、次いで航海術専修学生として学び、専修学生は優等で卒業した。運送艦「労山」航海長、練習艦隊参謀第1艦隊参謀、海兵教官を経て、1923年10月、海大甲種21期を卒業した。

夕張」航海長、呉軍需部員、アメリカ駐在、資源局事務官、給炭艦野島」特務艦長、海軍省軍務局第2課長、「磐手艦長艦政本部総務部第1課長などを経て、1936年12月、海軍少将に進級。佐世保工廠造兵部長、企画院交通部長、同第6部長、佐世保工廠長を歴任し、1940年11月、海軍中将に進級した。

1941年12月、逓信省海務院長官となり、さらに第2遣支艦隊司令長官を勤め、軍令部出仕を経て、1943年9月、予備役に編入された。

親族編集

参考文献編集

  • 秦郁彦編『日本陸海軍総合事典』第2版、東京大学出版会、2005年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版、1981年。
  • 福川秀樹『日本海軍将官辞典』芙蓉書房出版、2000年。