the 原爆オナニーズ

日本のパンクロックバンド (1982-)
原爆オナニーズから転送)

the原爆オナニーズ(ザ げんばくオナニーズ)とは、日本パンク・ロックバンドである。

the原爆オナニーズ
出身地 日本の旗 日本 愛知県名古屋市
ジャンル パンク・ロック
活動期間 1982年 -
公式サイト the原爆オナニーズ
メンバー TAYLOW
EDDIE
JOHNNY
SHINOBU
旧メンバー 良次雄
大口ミキオ
Hiko
ブッカ
SHIGEKI
KEN
SHINJI
MAKOTO
TATSUYA

メンバー編集

TAYLOW
ボーカル担当。1981年ニューロン参加~1982年the原爆オナニーズへ。もともとはミック松尾とTHE STAR CLUBのマネージャーをしていた。
EDDIE
ベース担当。1982年ニューロン加入~the原爆オナニーズへ。元THE STAR CLUB。
JOHNNY
ドラムス担当。1986年加入。
SHINOBU
ギター担当。2001年12月加入。元ASHES。

旧メンバー編集

良次雄(オリジナルメンバー)
ギター担当。1983年ザ・スターリン加入の為上京するが数ヶ月で脱退(彼自身は「解散」と語っている[1])。そのまま東京にOXYDOLLのNONとGUNを呼び寄せ、TATSUYAとの4人でTHE GOD(Genbaku OxyDoll)を結成した。
大口ミキオ(オリジナルメンバー)
ドラムス担当。1982年12月脱退。
Hiko(オリジナルメンバー)
ベース、B.ボーカル担当。元ピヴィレヌ。1981年夏に脱退。HIKO'S、ヒコ&キース等で活動。2014年に死去。
ブッカ(オリジナルメンバー)
ボーカル、ギター担当。1981年初頭脱退。
MAKOTO
ドラムス担当。1983年加入。1985年初頭に失踪。
SHIGEKI
ギター担当。1983年加入。2001年12月海外転勤の為脱退。
TATSUYA(中村達也、永久メンバー)
ドラムス担当。1982年に良次雄と出会いOXYDOLLから加入するが、ライブを1回した後突如遠藤ミチロウが駆けつけてきて2人はザ・スターリンへ引き抜かれる。しかし数か月で良次雄と共に脱退。
その後THE GOD、MASTURBATION、NICKEY & THE WARRIORSを経て1985年5月に再加入を果たす。しかしその後も更にTHE STAR CLUBTHE GODとバンドを転々とする。
その後BLANKEY JET CITYを結成し一世を風靡した。解散後の現在はLOSALIOSフリクションで活動している。
KEN(横山健、永久メンバー)
ギター担当。2002年10月加入。2004年脱退。
SHINJI
ギター担当。2004年加入。元雷矢。2009年9月脱退。現在SNATCHERで活動中。

作品編集

シングル編集

  • JUST ANOTHER (1984年4月29日)
  • NOT ANOTHER (1984年12月8日)
  • I WILL/I DON'T (2001年4月8日)

アルバム編集

  • NUCLEAR COWBOY (1985年8月6日)1st
  • O'DD ON LIVE ITSELF (1986年1月1日)京都磔磔でのライブアルバム
  • ONANIES AT LAST (1987年2月26日)ミニアルバム
  • ESSENTIAL (1988年)ベストアルバム 
  • G.H.Q. (1989年)2nd
  • ON TIME (1990年)名古屋今池オープンハウスでのライブアルバム
  • DESERT ISLAND DISC (1991年)3rd
  • ALL THE WAY (1993年)4th
  • QUALITY CONTROL (1994年)メンバー自身が選曲のベストアルバム 
  • TIN DRUM YEARS (1996年)84年EP2枚、87年ミニアルバム音源のCD化
  • STEP FORWARD (1997年)5th
  • NUCLEAR GROOVE (1998年12月)27曲入り究極のベストアルバム 
  • FIVE LIVE the 原爆オナニーズ (2003年5月21日)20周年記念ライブ+新録の2枚組
  • PRIMAL ROCK THERAPY (2003年12月8日)6th
  • THE FUN JUST NEVER ENDS? 〜みんな大好きthe原爆オナニーズ〜 (2004年3月3日)ベストアルバム
  • SOLID (2010年3月31日)7th
  • 不連続の連続 THIS WAS / THIS IS (2013年3月13日)1982年のライブCDと2012年のライブDVD
  • Back To open house (2015年9月9日)1985年1stリリース直前のライブ音源。
  • ATOMIC GARDEN (2017年10月18日)ベストアルバム

ボックスセット編集

  • We Are The 原爆オナニーズ~素晴らしきthe原爆オナニーズの世界~ (2012年10月17日)84年EP2枚(CD)、ベスト盤以外の87~97年作品、93年ライブDVD、2012年ライブDVDなど。

その他編集

  • JAPAN-THAILAND CONNECTION 2011(2011年)ライブ音源1曲収録。
  • RANDSEL ROMANCE (2015年4月8日)81年メンバーの音源(ORIGINAL原爆ONANIES名義)。
  • FROM ELECTRIC LADY LAND '83 82年12月14日のライブ音源3曲収録。本作のみ未CD化であるが曲自体はTHE GODでも引き続きプレイされそれはCD化されたちょっと、 たりない GET DOWN VALIS付属のDVDにて確認出来る(2015年再発盤だとDVDなしの為不可)。「2nd.CLASS LTD」なるバンドによるこの3曲のコピーがYouTubeに投稿されている。
  • Oi of JAPAN (1985年)「TEMPTATION」「NO NO BOY」で参加。
  • 原爆階段 (1986年)非常階段とのライブアルバム。04年にO'DD ON LIVE ITSELFとの2in1でCD化された。
  • THE INDIES LIVE SELECTION 86to87 「DO YOU REMEMBER ROCK'N' ROLL RADIO」のライブを収録。
  • 外道 Tribute -ゲゲゲの外道讃歌- 外道のトリビュート盤。「完了」のカヴァー音源を収録。

ビデオ編集

  • 原爆MANIA (1990年)彼らのヒストリーを綴ったライブビデオ。

DVD編集

  • 原爆MANIA GOLD (2005年)上記ビデオソース+サンフランシスコライブ他。

オムニバスビデオ編集

  • DOG DAYS LIVE (1990年)
  • burning wild west (1990年)

オムニバスDVD編集

  • Live Shock Loft vol.2 NOTALIN'S×The原爆オナニーズ×ザ50回転ズwest(2007年)
  • ナゴイズム(2013年3月1日)

備考編集

  • タイトルに採用されている「原爆」や「オナニー」という単語はセックス・ピストルズを参考にしたものである。しかしながら、パンクロックバンドと言えども極めて不謹慎なネーミングであるため、このバンド名に嫌悪感を示す者も少なくない。社会的に憚られるそのネーミングにより、テレビ番組などに出演することも殆ど無い。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 藤岡 良次雄、無事に退院しております!” (日本語). 『BEATIFIX』公式ブログ. 2020年10月3日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集