メインメニューを開く

原 秀樹(はら ひでき、1949年4月5日 - )は、愛媛県出身の元プロ野球選手。ポジションは内野手

原 秀樹
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 愛媛県
生年月日 (1949-04-05) 1949年4月5日(69歳)
身長
体重
181 cm
76 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 内野手
プロ入り 1967年 ドラフト6位
初出場 1970年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

新居浜商業高校では3年生の時に四番打者、一塁手として1967年春の選抜に出場。札幌光星高平安高を降し3回戦に進出するが、報徳学園に延長11回の熱戦の末に敗退[1]。大会第6号本塁打も放っている。同年夏の甲子園県予選でも準決勝に進むが、松山商玉井信博に完封を喫する。

1967年ドラフト会議阪神タイガースから6位指名を受け入団。右の長距離打者としての将来性を買われたが、出場機会に恵まれず1971年引退した。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1970 阪神 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000
通算:1年 2 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 .000 .000 .000 .000

背番号編集

  • 48 (1968年 - 1971年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集