Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 3.svg
東京都道453号標識
東京都墨田区から。(2005年8月)
1893年完成の旧鉄橋

厩橋(うまやばし)は、隅田川にかかるで、東京都道453号本郷亀戸線春日通り)を通す。西岸は台東区蔵前二丁目、および駒形二丁目を分かち、東岸は墨田区本所一丁目。

橋全体に馬を連想させるレリーフなどが施されている。橋名は西岸にあった「御厩河岸(蔵前の米蔵の荷駄馬用の厩)」にちなむ。

歴史編集

もともと元禄年間ごろから続いていた「御厩の渡し」のあった場所である。

1872年(明治5年)に花見客の人出でこの渡し舟が転覆する事故があった。以前から転覆事故が多く「三途の渡し」と揶揄されていたこともあり、民間の手により架橋されることとなる。 1874年(明治7年)10月6日完成。長さ511尺(約150m)、幅20尺(約6m)の木橋が架けられたと伝えられる。現在よりも約100mほど下流の位置にあった。

この橋は老朽化のために東京府によってプラットトラス形式で長さ86間(約154m)鉄橋に架け替えられた。1893年(明治26年)5月6日に完成した。

鉄橋の建設に伴って1890年(明治23年)には現在の春日通りの建設計画が持ち上がった。当時の厩橋近辺は湿地帯で沼地が多く広い道がなかったため、本所方面から上野広小路へ、東西に直接接続しようと図ったものである。しかしながら土地買収が難航し、開通は1895年(明治28年)になってからである。後に関東大震災で被災し、その復興計画により架橋されたのが現在の橋である。

付近地下に都営地下鉄大江戸線が通っているが、厩橋の橋脚・橋台を迂回するよう、2本のシールドトンネルが凸レンズ状の曲線を描く線形となっており、建設時には重要構造物に対する計測を行いつつ慎重な掘削管理が行われた[1]

現在の橋の概要編集

  • 構造形式 3径間下路式タイドアーチ橋
  • 橋長 151.4m
  • 幅員 22.0m
  • 着工 大正15年9月
  • 竣工 昭和4年9月
  • 施工主体 東京市復興局
  • 設計 東京市土木局
  • 橋桁制作 浅野造船所

脚注編集

  1. ^ 橿尾恒次、星野高廣、加藤勇、奥村恒夫「隅田川を横断する泥土圧シールド 地下鉄12号線環状部 蔵前・両国工区」『トンネルと地下』、日本トンネル技術協会、1999年6月、 23-35頁。

隣の橋編集

(上流) - 吾妻橋 - 駒形橋 - 厩橋 - 蔵前橋 - 蔵前専用橋 - (下流)

座標: 北緯35度42分16秒 東経139度47分42秒 / 北緯35.70444度 東経139.79500度 / 35.70444; 139.79500