メインメニューを開く

春日通り(かすがどおり)は東京都豊島区池袋から文京区台東区を経由して、墨田区へとほぼ東西に延びる道路の通称。明治通り(六ツ又陸橋)から四ツ目通りを越えて江東区との区界直前までの区間を指す。

六ツ又陸橋交差点から本郷三丁目交差点までの間は国道254号と重複し、本郷三丁目交差点から本所一丁目交差点までの間は東京都道453号本郷亀戸線と重複している。六ツ又陸橋から西は川越街道に通じ、逆の東側は横十間川にかかる栗原橋の西詰が終点となる。

ほとんどの区間で4車線の道路であるが、横川交番前交差点(四ツ目通り交点)から東は2車線の生活道路となり、栗原橋の東詰にある交差点で道自体が途切れる。

豊島区東池袋2丁目付近から新大塚駅を経て大塚1丁目付近(茗荷谷駅直前)と本郷三丁目駅西側のごく一部で東京メトロ丸ノ内線が地下を走り、春日駅 - 蔵前駅までは都営地下鉄大江戸線が走る。また、昭和通りから国際通りにかけて、大江戸線のさらに下をつくばエクスプレスが走っており、2005年8月24日の開通と共に新御徒町駅で大江戸線と乗り換えが可能になった。

目次

主な道路編集

主な著名箇所編集

主に交差する道路編集

付近を通る主な駅・鉄道編集

春日通りを通るバス路線(豊島区六又陸橋側から順に)編集