厲公(れいこう、紀元前?年 - 紀元前673年)は、の第5代および第9代君主。荘公の三男で昭公の弟。子元とも呼ばれる。

厲公 姫突
5、9公
王朝
在位期間 紀元前700年 - 紀元前697年
紀元前679年 - 紀元前673年
都城 新鄭
姓・諱 姫突
諡号 厲公
生年 不詳
没年 紀元前673年
荘公
雍姞

生涯編集

荘公と雍姞の間に生まれる。

荘公43年(前701年)5月、荘公が薨去したため、太子忽が立って鄭君(以降は昭公と表記)となった。一方、異母弟の突(とつ)の母である雍姞(ようきつ)はの外様貴族出身であったため、宋の荘公と親交があった。9月、宋の荘公は鄭の祭仲が昭公を鄭君に立てたと聞くと、祭仲と公子突を召して捕え、祭仲には公子突を立てるよう要求し、公子突には賄賂を要求した。祭中はやむなく承諾し、帰国するなり公子突を立てて鄭君(以降は厲公と表記)とした。これによって昭公は鄭を出てに亡命した。

厲公元年(前700年)11月、厲公は桓公と会合し、武父(ぶほ:鄭の地)で盟を結んだ。翌年(前699年)2月、宋の荘公があまりにも多くの賄賂を要求してきたので、厲公は魯・とともに・宋・衛・の4カ国と戦い、勝利した。

厲公3年(前698年)5月、厲公は弟の語(子人)を魯へ派遣して盟を結ばせた。12月、前年の報復として宋が斉・衛・とともに攻めてきた。宋連合軍は鄭の渠門を焼き、大逵(広道)にまで攻め込んだ。また、東の牛首(鄭の邑)を占領し、大宮(祖廟)の椽(たるき)を持って帰り、宋の盧門の椽に使用した。

厲公4年(前697年)、祭仲が国政をほしいままにしたため、厲公はこのことを憂い、密かに祭仲の娘婿である雍糾に祭仲を殺させようとした。しかし、この事が祭仲に漏れて雍糾は殺されてしまう。5月、厲公はに出奔し、6月、兄の昭公が祭仲に迎えられ、ふたたび位に就いた。9月、厲公は櫟(れき:鄭の別都)に入り、櫟の大夫である単伯(檀伯)を殺し、櫟に居付いた。その間、鄭の中央では昭公、鄭公亹(び)、鄭公嬰(えい)(鄭子)が目まぐるしく即位していた。

鄭子14年(前680年)夏、厲公は櫟から兵を出して鄭に侵攻し、大夫の傅瑕(ふか)を捕えた。傅瑕は厲公に命乞いをし、「私を許してくだされば、あなたを鄭君に迎えましょう」と言った。そこで厲公は傅瑕に鄭子を殺すよう命じ、鄭子とその2子を殺させた。これによって厲公はふたたび鄭君となったが、さっそく恩人である傅瑕を殺した。

厲公後元年(前679年)春、斉の桓公が初めて覇者となり、斉・宋・陳・衛・鄭の5ヶ国が鄄(いん:衛の地)で会合した。秋、鄭は宋が郳(げい)を攻撃しているすきに宋へ侵攻した。翌年(前678年)夏、その報復として宋・斉・衛が鄭を攻撃してきた。

厲公後6年(前674年)、恵王が叔父の王子頽と対立し、鄭に援助を求めてきたので、厲公は出兵して王子頽を攻撃した。しかし勝つことができず、厲公は恵王を収容して帰還し、櫟に住まわせた。翌年(前673年)春、厲公は虢叔と協力して王子頽を誅殺し、恵王を復位させた。その年の5月、厲公が薨去し、子の踕(しょう)が立って鄭君(文公)となった。

参考資料編集

  • 春秋左氏伝』(桓公十一年~十五年、荘公十四年~十六年、二十年、二十一年)
  • 史記』(鄭世家第十二)
先代:
昭公
鄭子
君主
第5代:前700年 - 前697年
第9代:前679年 - 前673年
次代:
昭公
文公