メインメニューを開く

古森 孝英(こもり たかひで、1953年[1]岡山県[1] - )は日本歯学者歯科医師神戸大学大学院医学研究科外科系講座口腔外科学分野教授。日本外傷歯学会副会長。

古森孝英
生誕 1953年[1]
岡山県[1]
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 外科系歯学
研究機関 東京大学神戸大学
出身校 東京医科歯科大学
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

目次

略歴編集

1979年東京医科歯科大学卒業、1986年同大学院修了、以後東京大学助手、講師を努め、1998年より神戸大学教授[1]

1986年、東京医科歯科大学より 歯学博士号を得る。論文の題は「カルシウム沈澱法による骨・非コラーゲン性タンパク質の分別 」[2]

所属団体編集

著書編集

  • 古森孝英「第3章 歯科用レーザー機器の特色 2.CO2レーザー ベル・ラクサー CO2レーザー」『歯科用レーザーの臨床 臨床基本編』松本光吉、Loh Hong Sai、医歯薬出版歯界展望 別冊〉、1994年12月。
  • 古森孝英「第2章 軟組織への応用 腫瘍の蒸散・切除」『歯科用レーザーの臨床 疾患対応編』松本光吉、Loh Hong Sai、医歯薬出版歯界展望 別冊〉、1995年6月。
  • 『日常の口腔外科はじめから』古森孝英、永末書店、2004年11月20日。ISBN 4-8160-1141-2
  • 『医療従事者のための口腔外科学』古森孝英、永末書店、2006年11月3日。ISBN 978-4-8160-1169-6
  • 『歯科衛生士講座 歯科衛生士のための口腔外科学』古森孝英、永末書店、2011年10月5日。ISBN 978-4-8160-1233-4
  • 『こんな患者さんが歯科に来たときは? 全身疾患・口腔外科疾患に対する診療マニュアル』古森孝英、第一歯科出版東京都品川区、2011年12月1日。ISBN 978-4-924858-58-9

脚注編集

  1. ^ a b c d e 『こんな患者さんが歯科に来たときは? 全身疾患・口腔外科疾患に対する診療マニュアル』古森孝英、第一歯科出版東京都品川区、2011年12月1日、初版第1刷、編者略歴。ISBN 978-4-924858-58-9
  2. ^ 博士論文書誌データベース
  3. ^ 役員等名簿”. 日本口腔外科学会 (2012年2月2日). 2012年3月1日閲覧。
  4. ^ a b c d e スタッフ紹介”. 神戸大学大学院医学研究科外科系講座口腔外科学分野. 2012年3月1日閲覧。
  5. ^ 専門医名簿 カ行”. 日本口腔外科学会 (2011年6月28日). 2012年3月1日閲覧。
  6. ^ 役員・評議員”. 日本口腔科学会. 2012年3月1日閲覧。
  7. ^ 役員名簿”. 日本外傷歯学会. 2012年3月1日閲覧。
  8. ^ 日本外傷歯学会認定医(五十音順)”. 日本外傷歯学会. 2012年3月1日閲覧。
  9. ^ 役員名簿”. 日本口腔感染症学会. 2012年3月1日閲覧。
  10. ^ 役員名簿”. 日本レーザー歯学会. 2012年3月1日閲覧。
  11. ^ 2009 年度 暫定教育医(歯科口腔外科) 名簿”. 日本がん治療認定医機構. 2012年3月1日閲覧。
  12. ^ 役員”. 日本顎変形症学会. 2012年3月1日閲覧。