メインメニューを開く

台南神社(臺南神社、たいなんじんじゃ)は、日本統治時代台湾台南州台南市南門町二丁目(現在の中西区)にあった神社北白川宮能久親王を祭神としていた。第二次世界大戦日本の敗戦後、廃社された。

臺南神社
日本統治時代の台南神社
日本統治時代の台南神社
所在地 台湾台南市南門町二丁目
位置 北緯22度59分22.7秒
東経120度12分9.7秒
座標: 北緯22度59分22.7秒 東経120度12分9.7秒
主祭神 北白川宮能久親王
社格 官幣中社
創建 1923年(大正12年)
例祭 10月28日
地図
臺南神社の位置(台南市内)
臺南神社
臺南神社
臺南神社の位置(台湾内)
臺南神社
臺南神社
テンプレートを表示
修復中の成功橋
(2005年12月撮影)
台南神社の事務所(現在は忠義国民小学の図書館)

歴史編集

台南神社境内は北白川宮能久親王の終焉の地である。能久親王は1895年明治28年)10月28日に台南の豪族呉汝祥中国語版の家で薨去した。当初は、台湾の神社の中心となる台湾神社(のち台湾神宮)の候補地として挙がったが、同社は台北に創建された。その後、当地は台湾神社遥拝所となり、台湾神社が管理した。1920年大正9年)、台湾総督府はここに工を起し、1923年(大正12年)10月27日社殿が設けられ、鎮祭し、無格社に列せられ、1925年(大正14年)10月31日に官幣中社に昇格した。例祭は台湾神社と同じく10月28日。無格社時代には台湾神社の所管に属し、台湾神社から職員が派されてこれを守った。

台湾への中華民国軍進駐後は、台南市忠烈祠となった。さらに1972年昭和47年)に日本と台湾が断交した際に、民国政府は「日本統治時代の日本の帝国主義的なものは全て取り除く」との命令を発し、それ以前から各地で跡地境内が改変されていたが、より本格的に多数で跡地が改変され、台南神社は体育場になった。

現状編集

かつての事務所が市定古跡に指定されている。旧址は体育場転移の後、台南市11号公園と小学校(忠義国民小学)になった。2005年平成17年)に隣接地に小学校の校舎が新築され、跡地の地下30cmに神社の橋(戦後は「成功橋」と命名)が発見された。今は修復工事が完了した。


2019年1月27日、旧址である11号公園に台南市美術館2館が開館した[1]

脚注編集

文献編集

  • 臺灣鐡道旅行案内(昭和十五年版)

関連項目編集