メインメニューを開く

司隸(しれい)とは、中国漢代に都が置かれた長安洛陽及びその周辺一体の首都圏行政を監督した司隸校尉の管掌地域の通称である。

京兆尹(長安)・河南尹(洛陽)(前漢では河南郡京師が置かれた後漢では河南尹)と河内郡河東郡弘農郡馮翊扶風の5郡で構成された。

関連項目編集