メインメニューを開く

司馬 望(しば ぼう、205年 - 271年)は、中国三国時代の武将、政治家、西晋の皇族。子初諡号義陽成王。父は司馬孚。伯父に司馬朗養父)、司馬懿司馬師司馬昭の兄弟の従兄にあたる。従甥司馬炎

生涯編集

若い頃、伯父(司馬朗)の養子となった。

才能に秀でていた人物で、優れた人物を招いては討論することを好んだと言われている。皇帝曹髦に気に入られ、何度か宮中に呼ばれて文学議論の相手を務めた。当時、司馬望は中護軍の官にあって職場が宮殿の外だったため、迅速に参内できるよう特別に追鋒車(快速馬車)を支給された。

一方、その頃の朝廷では従弟の司馬師司馬昭の兄弟が政治の実権を握り、簒奪へと地歩を固めていた。司馬望は曹髦に重用されていたことから、そのことに不安を感じていたため、地方に出ることを考えた。255年または256年に、征西将軍・持節・都督二州諸軍事を拝命し、蜀漢を迎え撃つことになった。このころ、魏は蜀漢の姜維の侵攻に悩まされていたが、司馬望が赴任するや付け入る隙を与えなくなった。258年に諸葛誕が反乱を起こした際には大将軍として鄧艾とともこれに呼応した姜維の侵攻を防いだ[1]。その功績などにより、在任8年で中央に召還され、司徒に昇進している。265年、従甥が晋王朝を建国すると、義陽王に封じられ、1万戸の領地を与えられた。

268年施績江夏に侵入すると龍陂に駐屯し、仮節・大都督を拝命した。荊州刺史胡烈が施績を撃破したため、洛陽に戻り大司馬となった。271年、呉の皇帝孫晧寿春に向かう騒動があったため、司馬望は中軍2万・騎兵3千を率いてこれに備えたが、孫晧が撤退したため帰国した。

同年、父に一年先立ち亡くなった。齢67。倹約家で、その死後に溢れるほどの財産を貯めていたことがわかり、輿論の謗りを受けた。

宗室編集

編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『蜀書』姜維伝