メインメニューを開く

各務用水(かがみようすい)は、岐阜県関市長良川を取水源とする農業用水路である。

各務用水
延長 -- km
平均の流量 -- m³/s
流域面積 -- km²
水源 岐阜県関市
水源の標高 -- m
河口・合流先 境川各務原市
流域 岐阜県
テンプレートを表示

目次

地理編集

岐阜県関市小瀬の鮎ノ瀬橋付近の長良川から取水する。長良川の支流の津保川、山田川を潜り、関市西部、岐阜市東北部を流れ、各務原市蘇原宮代町付近で境川に合流する。丘陵地帯や山が多く、工事は困難であったという。

沿革編集

この地域は各務原台地等の丘陵地帯であり、水不足に苦しめられた。

  • 1888年(明治21年) - 稲葉郡大宮村(現各務原市)の村長、横山忠三郎が提案。後藤小平治、岡田只治らの協力により、着工。
  • 1890年 (明治23年) - 竣工。当時の取水口は武儀郡小金田村上白金。
  • 1891年 (明治24年)10月28日 - 濃尾地震により甚大な被害を受ける。
  • 1893年(明治26年)7月 - 復旧工事が完了。その後も破損もあり、完全復旧は1901年。
  • 1946年(昭和21年) - 取水口を上流の武儀郡瀬尻村小瀬に移す。
  • 1975年 - (昭和50年)水路をコンクリート化。受益面積が約630haから約790haに増える。

流域の自治体編集

外部リンク編集