メインメニューを開く

熊谷 典文(くまがい よしふみ、1915年11月30日 - 1999年4月1日[1])は、日本実業家通商産業事務次官住友金属工業社長・会長。

来歴・人物編集

島根県浜田市出身。六高を経て、1939年(昭和14年) 東京帝国大学法学部法科を卒業し住友本社に入社する[1][2]

翌年、商工省(後、通産省)入省[2]。同期に、吉國一郎小島慶三など。

戦後、通産省重工業局長[1][2]、官房長[1]、公益事業局長[1]、企業局長[1][2]を経て、1968年(昭和43年) 通産事務次官就任[2]八幡製鐵富士製鐵の合併を推進した[2]

1969年(昭和44年)に退官し、1971年(昭和46年)住友金属工業に入社[2]、常務に就任[1]1972年(昭和47年)専務、1976年(昭和51年)副社長を経て、1978年(昭和53年)6月に社長に就任[2]1986年(昭和61年)6月会長[2]1988年(昭和63年)6月から1998年(平成10年)まで相談役。産業公害防止協会会長も務めた[1]

1999年(平成11年)4月1日、死去。83歳没[2]

栄典編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i 熊谷 典文(クマガイ ヨシフミ)とは”. コトバンク. 2019年7月13日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j 熊谷典文(くまがい よしふみ)とは”. コトバンク. 2019年7月13日閲覧。
先代:
山本重信
通商産業事務次官
第11代:1968年 - 1969年
次代:
大滋弥嘉久
先代:
乾昇
住友金属工業社長
第6代:1978年 - 1986年
次代:
新宮康男