メインメニューを開く

吉岡邦広

吉岡 邦広(よしおか くにひろ、1949年5月14日 - )は、兵庫県出身の元プロ野球選手。ポジションは投手

吉岡 邦広
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県神戸市兵庫区
生年月日 (1949-05-14) 1949年5月14日(69歳)
身長
体重
179 cm
69 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 1967年 ドラフト6位
初出場 1970年
最終出場 1970年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

来歴・人物編集

三田学園ではエースとして1967年春の選抜に出場。1回戦で大田垣耕造投手を擁する尾道商を降す。2回戦では熊本工の松本正幸(巨人)と投げ合い1-2で惜敗[1]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、報徳学園に敗退し甲子園出場を逸する。高校同期に三塁手、四番打者の藤村雅美がいた。

1967年ドラフト会議東京オリオンズから6位指名を受け入団、しかし投手としての一軍登板は無いまま、1973年限りで引退した。1970年前田益穂の当て馬として、1試合だけ一塁手として先発出場した。

左腕からのシュート、カーブをうまく投げ分けるピッチングが特徴。牽制はうまいが、やや制球力に欠けた。

詳細情報編集

年度別打撃成績編集

















































O
P
S
1970 ロッテ 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----
通算:1年 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- ---- ---- ----

背番号編集

  • 15 (1968年)
  • 37 (1969年 - 1971年)
  • 70 (1971年 - 1972年)
  • 60 (1973年)

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年

関連項目編集