メインメニューを開く

藤村 雅美(ふじむら まさみ、1950年2月1日 - 2007年10月26日)は、日本の野球選手・高校野球指導者。旧名・正美。

藤村 雅美
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 兵庫県
生年月日 (1950-02-01) 1950年2月1日
没年月日 (2007-10-26) 2007年10月26日(57歳没)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 三塁手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴

来歴編集

藤村富美男の次男。藤村隆男の甥。三田学園高等学校では2年生から三塁手、控え投手として活躍。同期のエース吉岡邦広を擁し、四番打者、三塁手として1967年春の甲子園に出場。1回戦で大田垣耕造投手を擁する尾道商を降す。しかし2回戦では熊本工の松本正幸(巨人)に抑えられ1-2で惜敗[1]。同年夏の甲子園県予選でも決勝に進むが、報徳学園に敗退し甲子園出場を逸する。

同年のドラフト会議で東京オリオンズから5位指名を受けるが、入団を拒否し法政大学に進学。父・富美男によく似た風貌で、大学でも神宮を沸かせ、4年次には主将を務めた。東京六大学リーグでは1969年秋季リーグから4季連続優勝。ベストナイン(三塁手)2回選出。大学同期には横山晴久古賀正明中村裕二らがいた。

卒業後は鐘淵化学に入社。都市対抗の常連として活躍する。1975年第2回社会人野球日本選手権大会に鐘淵化学不動の四番として出場、宮田典計の好投もあって初優勝を果たす。この大会では優秀選手として表彰されている。1976年の第24回アマチュア野球世界選手権日本代表にも選出された。大阪ガス移籍後の1981年都市対抗では10年連続出場の表彰を受けている。

1999年に兄・哲也の母校で長男・光司が当時在学中の育英高等学校から野球部監督就任の打診を受け、大阪ガスを退社し同校職員として監督就任。2000年の甲子園で捕手の光司や栗山巧らを擁して出場を果たし、夏はベスト4に進んだ。同校監督としては2005年にも甲子園出場。

2006年夏に部員の不祥事の責任を取り監督を辞任[2]。翌2007年4月3日に脳梗塞で倒れ、4度にわたる手術に耐えつつも同年10月26日に死去した。享年58(57歳没)。

甲子園での成績(育英高校監督として)編集

  • 出場3回・4勝3敗

脚注編集

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ “育英野球部監督が引責退任”. 日刊スポーツ. (2006年7月31日). オリジナルの2006年8月19日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20060819201111/http://www.nikkansports.com/baseball/amateur/f-bb-tp3-20060731-68749.html 2017年8月3日閲覧。 

関連項目編集