吉川 逸治(よしかわ いつじ、1908年12月14日 - 2002年12月5日)は、日本の美術史学者。西洋美術専攻。中国学者・吉川幸次郎の従弟にあたる[1]

経歴編集

神奈川県横浜市生まれ。矢代幸雄に師事。東京帝国大学卒、1933年から1939年までフランスに留学、アンリ・フォシヨンに師事。

サン・サヴァン教会堂ヨハネ黙示録画の研究」でパリ大学博士号。ロマネスク建築・壁画研究を専門とした。1955年、東京大学文学部教授。大岡昇平中村光夫福田恆存らの「鉢の木会」に加わり、同人誌『聲』(丸善で10号発行)も編纂した。

1947年東京芸術大学教授を経て1953年東京大学文学部助教授、1955年教授、1969年定年退官後、大和文華館館長。後に名古屋大学教授、東海大学教授。1974年11月6日紫綬褒章受章。1980年11月3日叙勲三等授旭日中綬章。1982年日本学士院会員。没後、叙正四位、叙勲二等瑞宝章[2]。多数の西洋美術全集を編集監修した。弟子に高階秀爾田中英道辻佐保子若桑みどり等がいる。

主な著書編集

  • L'Apocalypse de Saint-Savin, Paris, 1939.
  • 「西洋美術史 第3巻 中世の美術」東京堂 1948
  • 「近代美術への天才たち」新潮社 1964
  • ロマネスク美術を索めて」 美術出版社 1979
  • 「日本の美術1 日本美術入門」平凡社 第2版1980
  • 「サン・サヴァン教会堂のロマネスク壁画」新潮社 1982 

主な訳書・共訳編集

  • ウジェーヌ・ダビ 『グレコベラスケス』 筑摩書房 1942
  • オザンファン/ル・コルビュジエ『新しき芸術』河出書房 1956
  • スタンダール『イタリア絵画史』 人文書院「全集9」 1969、新版1978
  • オザンファン/ジャンヌレ 『近代絵画』 鹿島出版会SD選書〉 1977
  • ミッシェル・ラゴン『抽象芸術の冒険』高階秀爾と共訳  紀伊国屋書店 1957
  • ポール・ヴァレリー『ヴァレリー全集 10 芸術論集』 筑摩書房 1968、のち新版
    コローを周りて」、「マネーの勝利」を収録
  • ジャン・ユベール ジャン・ユベール『カロリング朝美術』共訳、新潮社「人類の美術9」 1973
  • L.グロデッキ『紀元千年のヨーロッパ』柳宗玄と共訳 新潮社「人類の美術10」 1976

論文編集

脚注編集

  1. ^ 竹之内静雄『先知先哲』講談社文芸文庫、1995年、p.162。
  2. ^ 東京文化財研究所