吉成 名高(よしなり なだか、2001年1月8日[1] - )は、日本のムエタイ選手兼キックボクシング指導員。エイワスポーツジム所属。2019年4月、日本人初のラジャダムナンルンピニー統一王者となる[2][注釈 1]

吉成 名高
本名吉成 名高
生年月日 (2001-01-08) 2001年1月8日(20歳)
出身地日本国神奈川県横須賀市
別名名高・エイワスポーツジム
นาดากะ เอวะสปอร์ตยิม(タイ語表記)
国籍日本国
身長1.65 m (5 ft 5 in)
体重56 kg (123 lb; 8.8 st)
階級ピン級
ミニフライ級
ライトフライ級
フライ級
スタイルキックボクシングムエタイ
拠点日本国神奈川県横須賀市
チームSUCCEED
チューティンムエタイジム
エイワスポーツジム(現在)
現役期間4年 (2015年 -現在)
キックボクシング記録
試合数33
勝利29
ノックアウト14
敗戦4
ノックアウト0
引き分け0
無効試合0
その他
職業キックボクシング指導者
学校浦賀中学校
ルネサンス高等学校
最新更新日: 2019年6月4日

タイでは名高・エイワスポーツジムのリングネームでも知られる。3RD Place body make studioでキックボクシングの指導員も務める。

戦績編集

アマチュア編集

キックボクシング 戦績
100[3][4] 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
? ? ? ? ? ?
13 ? ? ?
日付 結果 対戦相手 興行名 開催地 ラウンド 時間 決まり手 戦績
2015年12月12日   清水豪之晟 SMASHERS Champion's Carnival 2015 東京都江東区 2 1:30 判定3-0
空位のSMASHERS 40kg級王座を獲得。
2015年8月30日   北野峻平 第1回WBCムエタイジュニアリーグ U-15全国大会・決勝 東京都江東区
中学生部門-37kg級トーナメント優勝。[5]
2015年8月30日   岩尾翔 第1回WBCムエタイジュニアリーグ U-15全国大会・準決勝 東京都江東区
2015年8月2日   熊谷龍聖 Muay Thai Super Fight スック・ワンキントーン・決勝 東京都大田区 2 0:39 TKO(レフェリーストップ)
1分30秒5R。
Muay hai Super Fight スック・ワンキントーン-38kg級リアルチャンピオン・トーナメント優勝。[6][7]
2015年8月2日   櫻井愛斗 Muay Thai Super Fight スック・ワンキントーン・準決勝 東京都大田区 1 1:30 KO(レフェリーストップ:ボディ攻撃)
1分30秒2R。-38kg級トーナメント。
2015年7月26日   野田翔太 A-League 31 Deluxe・決勝 宮城県仙台市 2 1:05 KO
ドラゴンボクシングスタジアム (DBS) キッズ35kg級トーナメント優勝。同大会特別賞受賞。[8]
2015年7月26日   江場柊人 A-League 31 Deluxe・準決勝 宮城県仙台市 1 0:18 KO
2015年6月15日   杉田好 第174回JAKF認定SMASHERS 東京都大田区 判定3-0
-40kg級ワンマッチ。[9]
2014年12月14日   小宮山怜虎 第8回BOMアマチュア大会 神奈川県横浜市
2分3R。[10]
2014年10月19日   品川朝陽 WPMF BOMアマチュア大会・決勝 神奈川県横浜市
2分2R。
BOMジュニアトーナメント優勝。[11]
2014年10月19日   杉山芧尋 WPMF BOMアマチュア大会・準決勝 神奈川県横浜市
2分2R。
2014年10月19日   中島将吾 WPMF BOMアマチュア大会・準々決勝 神奈川県横浜市
2分2R。
2014年10月13日   青山思惟 Muaythai WINDY Spuer Fight vol.18 in Kyoto 京都府亀岡市 2 KO
2分3R。35kg級。[12]
2014年3月23日   梶原嵐 HoostCup LEGEND-伝説降臨- 愛知県名古屋市 3 2:00 判定3-0
2分3R。33kg級。
スコアは30-28/30-28/30-27。[13]
2014年1月19日   奈良満千春 第4回BOMアマチュア大会・決勝 神奈川県横浜市
2分2R + 延長1R。
BOM -35kg級トーナメント優勝。[14]
2014年1月19日   奥平将太 第4回BOMアマチュア大会・準決勝 神奈川県横浜市
2分2R + 延長1R。
2014年1月19日   大野温喜 第4回BOMアマチュア大会・準々決勝 神奈川県横浜市
2分2R + 延長1R。
2013年12月1日   品川朝陽 第3回BOMアマチュア大会・決勝 神奈川県横浜市
2分2R + 延長1R。
BOM -32.5kg級トーナメント優勝。[15]
2013年12月1日   梅本彪司 第3回BOMアマチュア大会・準決勝 神奈川県横浜市
2分2R + 延長1R。
2013年9月8日 ×   中島将吾 第2回BOMアマチュア大会・準々決勝 神奈川県横浜市
2分2R + 延長1R。
BOM -32.5kg級トーナメント敗退。[16]
2013年7月14日   伊藤純希也 第15回Bigbanアマチュアキックボクシング大会 東京都大田区
2分3R。
Bigbangジュニア-31kg級王座の初防衛に成功。[17]
2013年3月10日   杉原飛宇 Bigbang the future VI 3 2:00 判定
2分3R。
空位のBigbangジュニア-31kg級王座獲得。
2013年4月14日   菅野龍 BOM 1 Part.1 神奈川県横浜市 2 2:00 判定1-1
30kg級ワンマッチ。[18]
2012年12月23日   伊藤健斗 第1回日本アマチュアムエタイ大会 兼 2013年WMF世界大会選考予選大会・決勝 東京都江東区
-28kg級トーナメント優勝。決勝戦前の対戦内容は不明。[19]
2012年11月11日   大田一航 Jawin presents Bigbang the future V 東京都大田区
空位の初代Bigbangジュニア-28kg級王座を獲得。
2012年8月5日   大田一航 第19回Muay Yoko 神奈川県横浜市 2 1:30 判定2-0
1分30秒2R + 延長1分1R。29kg級ワンマッチ。[20][21]
2012年6月24日 ×   奥脇竜哉 第18回Muay Yoko 東京都大田区 延長1 1:30 判定3-0
1分30秒2R + 延長1分1R。29kg級ワンマッチ2試合目。
延長前の判定は1-0。[22][23]
2012年6月24日   藤田時輝 第18回Muay Yoko 東京都大田区 2 1:30 判定2-0
1分30秒2R + 延長1分1R。29kg級ワンマッチ1試合目。
2012年4月15日   町屋寧々 第5回Bigbangアマチュア大会 東京都大田区 KO
1分30秒2R。
2012年3月25日   新井韻生 APKF アマチュアキックボクシング大会 東京都大田区 2 1:30 判定
1分30秒2R。ワンマッチ。[24]
2011年8月7日 ×   奥脇竜哉 第16回Muay Yoko 神奈川県横浜市 Ex.1 1:30 判定3-0
1分30秒2R + 延長1分1R。ワンマッチ。
延長前の判定は0-1。[25]
2011年6月5日 -   奥脇竜哉 第15回Muay Yoko・準決勝 東京都大田区 1 0:00
2分2R + 延長1分1R。
吉成の体調不良の為、奥脇が無試合で決勝戦に進出。
2011年6月5日   杉原星良 第15回Muay Yoko・準々決勝 東京都大田区 1 1:30 TKO
2分2R + 延長1分1R。
キッズ26kg級トーナメント。[26][27]
2010年8月8日   佐藤太陽 第13回Muay Yoko 神奈川県横浜市 2 1:30 判定2-0
1分30秒2R + 延長1分1R。22-24kg級。[28]
2010年4月25日   梅本彪司 第12回Muay Yoko 神奈川県横浜市 2 1:30 判定3-0
1分30秒2R + 延長1分1R。20-22kg級。[29].

Legend:       勝       負       引分/無効試合       備考 |}

プロ編集

キックボクシング 戦績
33 試合 (T)KO 判定 その他 引き分け 無効試合
29 15 14 0 0 0
4 0 4 0
日付 結果 対戦相手 興行名 開催地 ラウンド 時間 決まり手 戦績
2019年6月1日   ゲンカー・ヌンポンテープ The Battle Of Muaythai SEASON 2 vol.2 神奈川県横浜市 5 3:00 判定3-0 29-4
空位のMNA(ムエタイ・ナイ・カノム・トム協会)ライトフライ級王座獲得
2019年4月29日 Ex   石井一成 KNOCK OUT 2019 SPRING「THE FUTURE IS IN THE RING」 東京都新宿区大久保 2 2:00 判定無し -
2019年4月14日   シンダム・カフェフォーガ The Battle Of Muaythai SEASON 2 vol.1 神奈川県横浜市 5 3:00 判定3-0 28-4
空位のルンピニー・スタジアムミニフライ級(105lbs/47.63kg)王座獲得。
ポイントは47-50/47-50/47-50。
2019年2月24日   ビッグワン・ソー・シリラック MuayThaiOpen 44 東京都新宿区歌舞伎町 1 2:29 KO(左ボディフック) 27-4
空位のLPNJミニフライ級(105lbs/47.62kg)王座獲得。
2019年2月7日   パッチョウ・ウッドムアン ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 3 ? TKO(左ストレート) 26-4
106lbs/48.08kg契約。
2018年12月9日   ハーキュリ・ペッシーム BOM XX 神奈川県横浜市 5 3:00 判定3-0 25-4
ハーキュリの持つラジャダムナン・スタジアムミニフライ級(105lbs/47.63kg)王座を獲得。
ポイントは47-49/47-49/47-49。
2018年9月26日   ローマ・ウッドンムアン ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 1 ? TKO(レフェリーストップ:左ボディストレート) 24-4
空位の初代IBFムエタイ世界ミニフライ級(105lbs/47.63kg)王座を獲得。
2018年7月1日   ビックワン・ラサノン BOM XVIII 神奈川県横浜市 2 2:29 KO (左ボディ) 23-4
WMCミニフライ級認定試合。
2018年6月18日   ジョンウォー・シェフブーントゥム オムノーイ・スタジアム「TVマッチ」 タイサムットサーコーン県クラトゥムベーン郡 5 3:00 判定3-0 22-4
105lbs/47.63kg契約。
ポイントは49-48/49-48/49-48。
2018年5月16日 ×   ペットモラコット・オードムアン ラジャダムナン・スタジアム「スック・チュジャローン」 タイバンコク 5 3:00 判定 21-4
105lbs/47.63kg契約。
2018年4月8日   トゥアントーン・シンマニー BOM XVII 東京都江東区 5 3:00 判定3-0 21-3
空位のWBCムエタイ世界ミニフライ級(105lbs/47.63kg)王座を獲得。
ポイントは50-45/49-46/50-44。
2018年2月19日   モンシッド・パヌントーン ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 4 ? KO(左ボディストレート) 20-3
104lbs/47.17kg契約。
2017年12月20日   ジョンウォー・ウッドンムアン ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 2 KO(左ストレート) 19-3
46.5kg契約。
2017年10月21日   セガイ・ラッチアノン INOKI ISM.2 ~アントニオ猪木「生前葬」~ 東京都墨田区 3 3:00 判定3-0 18-3
ピン級契約。3分3R。
ポイントは30-28/30-28/30-28。
2017年8月24日   ペットチン・ルークバーンマイ ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 5 3:00 判定 17-3
45kg契約。
2017年7月17日   ライフン・ソーサックサヤーム ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 5 1:00 TKO 16-3
45kg契約。
2017年4月9日   ヤックセー・シリラックムエタイジム BOM XIV 東京都新宿区歌舞伎町 3 1:52 KO (Left elbow strike) 15-3
空位のWMC世界ピン級(100lbs/45.45kg)王座を獲得。
2017-03-09   ビックボーン・ソージョイトイペッリュ ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 3 KO 14-3
44kg契約。3分5R。
2017-01-26   ペッブンチューン・タリンガムエタイ ラジャダムナン・スタジアム「スック・シェフブーントゥム」 タイバンコク 5 3:00 判定 13-3
44kg契約。3分5R。
2016年12月25日   スリナコーン・ルークムアンペット WORLD-CLASS MUAYTHAI タイパタヤ 3 3:00 判定 12-3
スーパーライト級。3分3R。
2016年12月4日   平松侑 BOM XIII 神奈川県横浜市 3 2:52 KO 11-3
100lbs/45.45kg契約。[30][31]
2016年11月13日 ×   シューサップ・トー・イッティポーン ムエローク2016 4th 東京都新宿区歌舞伎町 5 3:00 判定3-0 10-3
シューサップの持つWMC世界ピン級(100ポンド/45.45kg)王座挑戦に失敗。
ポイントは50-47/50-47/50-47。
2016年9月30日   チャイヤイ・チョーサムピーノン マックス・ムエタイ・スタジアム「MUAY THAI WORLD BATTLE」 タイチョンブリー県パッタヤー 1 ? KO(ボディへの左膝蹴り) 10-2
43kg契約。[32]
2016年9月22日   エッガチャイ・ソージョートイ・ペッリュウ ラジャダムナンスタジアム「スック・ジャルムアン + ソー.ソンマイ」 タイバンコク 4 ? KO 9-2
93lb契約。[33]
2016年9月4日   デンノンポック・ファダオジム ムエローク2016 3rd 東京都新宿区歌舞伎町 2 2:57 KO(左膝蹴り) 8-2
43kg契約。[34][35]
2016年8月13日   デックドーイ・シット・サワダーケオ ランシット・インターナショナル・スタジアム タイパトゥムターニー県 2 3:00 TKO(タオル投入) 7-2
44kg契約。[36]
2016年8月10日   ノクノイ・ソー・ルンロム アジアティーク「Muay Thai Live」 タイバンコク 3 3:00 判定3-0 6-2
46kg契約。
2016年7月3日 ×   カーエンイサーン・シットイークウボン BOM 12 東京都江東区 5 3:00 判定3-0 5-2
44kg契約。
ポイントは49-48/49-48/49-48。[37]
2016年5月6日 ×   マヘースワン タイブリーラム県 5 3:00 判定 5-1
イーサーン(タイ東北地方)42kg級王座挑戦に失敗。
2016年4月3日   星野梨衣智 BOM 11 東京都新宿区歌舞伎町 3 3:00 判定2-0 5-0
45kg契約。
ポイントは30-29/29-29/30-29。
2016年3月10日   セルジット・ソー・マライトン ラジャダムナンスタジアム「スック・ジャルムアン」 タイバンコク 5 2:00 判定3-0 4-0
90lbs契約。[38]
2016年1月8日   尤然少楚(シャオチューヨウラン) Worldwide MMA Alliance 世界総合格闘技連盟チャンピオンシップ 東京都江東区 2 3:00 判定 3-0
40kg契約。
2015年12月6日   佐藤虎我 BOM 10 神奈川県横浜市 5 2:00 判定3-0 2-0
37kg契約。
ポイントは50-47/50-47/50-46。
2015年11月29日   オリー・ポー・ホムクリン ラジャダムナンスタジアム「スック・チュジャローン」 タイバンコク 2 KO 1-0
38kg契約。2分5R。[39]

Legend:       勝       負       引分/無効試合       備考 |}

タイトル編集

  • アマチュア17冠
  • WMC世界ピン級王者[40]
  • WBCムエタイ世界ミニフライ級王者
  • IBFムエタイ世界ミニフライ級王者
  • ラジャダムナン・スタジアム認定ミニフライ級王者
  • ルンピニージャパンミニフライ級王者
  • ルンピニー・スタジアム認定ミニフライ級王者
  • タイ国スポーツ協会ナーイ・カノム・トムライトフライ級王者
  • 初代BOMフライ級王者

表彰編集

  • 2018年12月格闘技月間ベストファイター賞
  • 2019年4月ルンピニースタジアム月間MVP

注釈編集

  1. ^ タイ人以外では2018年のユセフ・ブガネムフランス語版モロッコベルギー国籍)以来2人目。

出典編集

  1. ^ 在籍選手紹介詳細エイワスポーツジム
  2. ^ 【BOM】日本人初快挙、名高がムエタイ最高峰ルンピニー王座獲得で、ラジャと統一王者にイーファイト 2019年4月15日
  3. ^ インタビューで、「アマチュアでは丁度100戦、13敗、引分が何度か」と回答している。
  4. ^ efight.jp (2019年1月21日). “ムエタイ500年の歴史に挑む18歳のミラクルボーイ・名高、史上初の快挙を狙う=2018年12月ベストファイターインタビュー” (日本語). efight.jp. 2019年6月13日閲覧。
  5. ^ JAPAN KICKBOXING INNOVATION (2015年8月31日). “第1回WBCムエタイジュニアリーグ 《試合結果》” (日本語). 2019年5月18日閲覧。
  6. ^ efight.jp (2015年8月2日). “【ムエタイSF】強豪ひしめくトーナメントで3王者誕生” (日本語). efight.jp. 2019年5月18日閲覧。
  7. ^ MuayThai Super Fight (2015年8月5日). “「MuayThai Super Fightアマチュア大会『スック ワンキントーン』」~「Real Champion Tournament」38㎏級レポート~” (日本語). 2019年5月19日閲覧。
  8. ^ efight.jp (2015年7月26日). “【Aリーグ】激戦続出の6時間興行で9名のジュニア王者誕生” (日本語). efight.jp. 2019年5月22日閲覧。
  9. ^ kick-innovation.com. “[2015/06/15 第174回JAKF認定 SMASHERS6,14大森大会試合結果]” (日本語). kick-innovation.com. 2019年5月22日閲覧。
  10. ^ bom.tokyo. “第8回BOMアマチュア大会” (日本語). bom.tokyo. 2019年5月27日閲覧。
  11. ^ http://bom.tokyo.+“WPMF・BOMアマチュア大会” (日本語). bom.tokyo. 2019年6月1日閲覧。
  12. ^ efight.jp (2014年10月13日). “【WINDY】佐々木蝶里、メインで瑠璃から判定勝利” (日本語). efight.jp. 2019年6月1日閲覧。
  13. ^ hoostcup.com. “2014.03.23 HoostCup LEGEND-伝説降臨-” (日本語). hoostcup.com. 2019年5月23日閲覧。
  14. ^ bom.tokyo. “第4回 BOM アマチュア大会” (日本語). bom.tokyo. 2019年5月23日閲覧。
  15. ^ bom.tokyo. “第3回 BOM アマチュア大会” (日本語). bom.tokyo. 2019年5月24日閲覧。
  16. ^ bom.tokyo. “第2回BOM アマチュア大会” (日本語). bom.tokyo. 2019年5月24日閲覧。
  17. ^ fightsspiral.wiki.fc2.com. “ビッグバン アマ 15” (日本語). fightsspiral.wiki.fc2.com. 2019年5月24日閲覧。
  18. ^ efight.jp (2013年4月14日). “【M-FIGHT】元MA日本キックランカー・佐藤琉、移籍後初戦で判定負け” (日本語). efight.jp. 2019年5月24日閲覧。
  19. ^ jiseikan.jp (2012年12月23日). “第1回日本アマチュアムエタイ大会 兼 2013年WMF世界大会選考予選大会(試合結果)” (日本語). jiseikan.jp. 2019年5月25日閲覧。
  20. ^ Muay Yoko Executive Committee (2012年7月12日). “第19回 Muay Yoko 出場者募集!” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月22日閲覧。
  21. ^ Muay Yoko Executive Committee (2012年8月18日). “第19回MuayYoko結果” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月25日閲覧。
  22. ^ Muay Yoko Executive Committee (2012年6月5日). “第18回Muay Yoko 開催のお知らせ” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月25日閲覧。
  23. ^ Muay Yoko Executive Committee (2012年6月26日). “第18回Muay Yoko 結果” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月25日閲覧。
  24. ^ yzdgym.com. “APKF アマチュアキックボクシング大会 H24 年 3 月 25 日@大森ゴールドジム” (日本語). yzdgym.com. 2019年5月25日閲覧。
  25. ^ Muay Yoko Executive Committee (2011年8月10日). “第16回 Muay Yoko 結果” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月27日閲覧。
  26. ^ Muay Yoko Executive Committee (2011年6月9日). “第15回 Muay Yoko 結果” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月27日閲覧。
  27. ^ Muay Yoko Executive Committee (2011年5月1日). “第15回 Muay Yoko 開催のお知らせ” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月27日閲覧。
  28. ^ Muay Yoko Executive Committee (2010年8月15日). “Muay Yoko 13 結果” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月29日閲覧。
  29. ^ Muay Yoko Executive Committee (muayyoko.blog113.fc2.com). “Muay Yoko 12 結果” (日本語). muayyoko.blog113.fc2.com. 2019年5月29日閲覧。
  30. ^ boutreview.com (2016年12月7日). “グレイシャア亜紀、引退戦は判定勝ち。引藤伸哉&渡辺優太が2冠に:12.4 横浜” (日本語). boutreview.com. 2019年5月7日閲覧。
  31. ^ efight.jp (2016年12月4日). “【BOM】グレイシャア亜紀が完勝で有終の美を飾る” (日本語). efight.jp. 2019年5月7日閲覧。
  32. ^ efight.jp (2016年9月30日). “【MAX MUAYTHAI】3試合連続KOで日本勢が地元タイ勢に逆転勝利” (日本語). efight.jp. 2019年5月4日閲覧。
  33. ^ muaythai2000.com. “SUEK JARUMUANG + SOR.SOMMAI” (日本語). muaythai2000.com. 2019年5月4日閲覧。
  34. ^ efight.jp (2016年9月5日). “【ムエローク】佐々木vs伊藤、一歩も譲らないテクニック対決に” (日本語). efight.jp. 2019年5月4日閲覧。
  35. ^ boutreview.com (2016年9月5日). “佐々木雄汰×伊藤勇真はドロー。Mr.ハガ&吉成名高がKO勝ち:9.4 新宿” (日本語). boutreview.com. 2019年5月4日閲覧。
  36. ^ efight.jp (2016年8月13日). “【ムエタイ】"天才少年"吉成名高がランシットスタジアムでKO勝ち、10月にタイトル戦” (日本語). efight.jp. 2019年5月3日閲覧。
  37. ^ bom.tokyo. “BOM12 - The Battle Of Muay Thai 12 -” (日本語). bom.tokyo. 2019年5月3日閲覧。
  38. ^ muaythai2000.com. “Jarumuang Fight 10 March 2016” (英語). muaythai2000.com. 2019年5月22日閲覧。
  39. ^ muaythai2000.com. “Chujaroenmuaythai Fight” (英語). muaythai2000.com. 2019年5月19日閲覧。
  40. ^ 【BOM】16歳の天才・吉成名高が衝撃的KOで世界王座を獲得イーファイト 2017年4月9日

外部リンク編集

前王者
シューサップ・トー・イッティポーン
WMC世界ピン級王者

2017年4月9日 - ?(返上)

次王者
奥脇竜哉
前王者
二カーウ・スウィットジム
第3代WBCムエタイ世界ミニフライ級王者

2018年4月8日 - ?(返上)

次王者
N/A
前王者
IBFムエタイは2017年12月21日に設立。
初代IBFムエタイ世界ミニフライ級王者

2018年9月26日 - 現行

次王者
N/A
前王者
ハーキュリ・ペッシーム
ラジャダムナンスタジアムミニフライ級王者

2018年12月9日 - 現行

次王者
N/A
前王者
ハーキュリ・ペッシーム
ルンピニーナンスタジアムミニフライ級王者

2019年4月14日 - 現行

次王者
N/A