浜江省

満州国の省

浜江省(ひんこう-しょう)は満州国にかつて存在した省。

満州国 浜江省
1934年 - 1945年
簡称:



簡体字 滨江
繁体字 濱江
拼音 Bìnjiāng
カタカナ転記 ビンジャン
国家 満州国
行政級別
政府所在地 哈爾浜市
建置 1934年
廃止 1945年 
面積
- 総面積 63,860 km²
人口
- 総人口(1940) 423.4 万人

歴史編集

1934年康徳元年)12月1日、満州国は黒竜江省及び吉林省を分割し哈爾浜市に浜江省を設置し、下部に呼蘭県巴彦県木蘭県東興県鉄驪県慶城県綏棱県海倫県綏化県望奎県青岡県蘭西県安達県肇東県肇州県双城県五常県阿城県賓県延寿県珠河県葦河県寧安県穆棱県東寧県密山県虎林県の27県を管轄した。

1937年(康徳4年)7月1日、寧安、穆棱、東寧、密山、虎林の5県が新設された牡丹江省に移管されると同時に哈爾浜特別市が普通市に改編され浜江省の管轄とされた。1939年(康徳6年)6月1日、綏化、望奎、海倫、綏棱、慶城、鉄驪の6県が新設された北安省に移管され、浜江省は1市16県1旗を管轄するようになった。

1945年8月、満州国の解体に伴い自然消滅したが、浜江省地区には新たに松江省が設置されている。

行政区画編集

満州国崩壊直前の下部行政区画は下記の通り

設置編集

1934年7月、満州国政府により黒竜江省吉林省を一部地域に浜江省が新設される。

廃止編集

1945年8月、満州国の崩壊と共に自然消滅。

歴代省長編集

特記なき場合『世界諸国の制度・組織・人事 : 1840-2000』による[1]

  • 呂栄寰:1934年12月1日 - 1935年5月21日
  • 韓雲階:1935年5月21日 - 1935年5月25日
  • 閻伝紱:1935年5月25日 - 1937年7月1日
  • 施履本:1937年7月1日 - 1938年1月17日
  • 韋煥章:1938年2月10日 - 1940年5月16日
  • 于鏡濤:1940年5月16日 - 1943年4月20日
  • 王子衡:1943年4月20日 - (終戦)

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 秦 2001, 156-157頁.

参考文献編集

  • 秦郁彦 編 『世界諸国の制度・組織・人事 : 1840-2000』東京大学出版会、2001年。ISBN 4130301225 

関連項目編集


前の行政区画
黒竜江省
吉林省
黒竜江省歴史的地名
1934年 - 1945年
次の行政区画
松江省