メインメニューを開く

吉泉 秀男(よしいずみ ひでお、1948年7月28日 - 2018年6月15日[1])は、日本政治家社会民主党所属の元衆議院議員(1期、2009年9月 - 2012年12月)。元山形県議会議員(3期、1997年2月 - 2007年4月)。

吉泉秀男
よしいずみ ひでお
生年月日 (1948-07-28) 1948年7月28日
出生地 日本の旗 日本 山形県東田川郡余目町
(現:東田川郡庄内町
没年月日 (2018-06-15) 2018年6月15日(69歳没)
死没地 山形県酒田市
出身校 山形県立酒田商業高等学校
現職 社民党山形県連代表
所属政党無所属→)
社会民主党
称号 旭日小綬章
公式サイト 吉泉ひでおオフィシャルサイト

日本の旗 衆議院議員
選挙区 比例東北ブロック山形3区
当選回数 1回
在任期間 2009年 - 2012年

選挙区 東田川郡選挙区
当選回数 3回
在任期間 1997年 - 2007年
テンプレートを表示

目次

経歴編集

1948年に山形県東田川郡余目町大字余目字町(現庄内町余目字町)で生まれる。1972年3月に山形県立酒田商業高等学校を卒業し、余目町役場に入所。

1989年9月に山形県議会議員選挙補欠選挙に立候補するが落選。以後3回立候補するが、いずれも落選している。1997年2月の山形県議会議員選挙補欠選挙で初当選。2007年4月の山形県議会議員選挙で落選するまで3期務めた[2]

2008年7月に山形3区の社民党公認候補者に認定。2009年8月30日実施の第45回衆議院議員総選挙では、民主党国民新党の推薦を受けたが、自由民主党前職である加藤紘一に敗れた。しかし、比例東北ブロックにおいて同党比例名簿登載者の中で惜敗率でトップ(61.6%)となり、復活当選した[3]。その後、2012年12月の第46回衆議院議員総選挙で落選[4]

2018年6月15日21時56分、胃がんのため、山形県酒田市の病院で死去[5]。69歳没。叙従六位旭日小綬章追贈[6]

政策・主張編集

脚注編集

外部リンク編集