メインメニューを開く

余目町(あまるめまち)は、山形県庄内地方の中央に位置した

余目町
廃止日 2005年7月1日
廃止理由 新設合併
余目町立川町庄内町
現在の自治体 庄内町
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 東北地方
都道府県 山形県
東田川郡
団体コード 06422-0
面積 58.44km2
総人口 18,052
推計人口、2005年6月1日)
隣接自治体 酒田市
飽海郡平田町松山町
東田川郡立川町藤島町三川町
町の木 マツ
町の花 ヒマワリ
町の鳥 ヒバリ
余目町役場
所在地 999-7781
山形県東田川郡余目町大字余目字町132-1
座標 北緯38度50分57.6秒
東経139度54分16.6秒
余目町の県内での位置
特記事項 市外局番:0234
 表示 ウィキプロジェクト

農業が主産業の町である。2005年(平成17年)7月1日に立川町と合併し庄内町となった。

目次

地理編集

山形県の北西、庄内平野の中央に位置し町域はすべて平坦地である。平田町松山町との境に最上川が流れ、境界をなしている。現在は有数の稲作地帯だが、町の土地は最上川の水位より高い位置にあり最上川からは水を引くことができなかったので、広大な原野地帯が広がっていた。

1612年最上義光の家臣、狩川(立川町)城主北楯利長立谷沢川から取水する北楯大堰を建設した。それによって新田開発が盛んになり、原野地帯は水田へと一変した。ほかにも堰や多くの支線が建設され、現在も水田に水を供給している。

現在の余目の中心市街地は、江戸時代に周辺から農民が集住することによって形成された。

町内を分けるときは町内の4つの小学校の学区を基準にして分ける。

地域区分編集

余目町は庄内地方南部の鶴岡市を中心とした田川地区と、北部の酒田市を中心とした飽海地区の中間に位置するため、町はどちらに地域に属するかは見方が分かれるところである。平成大合併の際、酒田市側と鶴岡市側のどちらの枠組みに参加するかという話になったが、最終的にどちらにも参加せず立川町との2町間で合併の協議を進め、平成17年7月1日に庄内町が発足することになった。

  • 鶴岡市を中心にした田川に含む:郡(東田川郡

これは戦前に分けられた際のものが多い。

  • 酒田市を中心とした飽海に含む:広域消防組合、NTTの市内

最近ではほとんど酒田市側に含まれる。

  • 立川町との2町:警察(余目警察署)

隣接していた自治体編集

歴史編集

行政編集

姉妹都市・提携都市編集

日本国外

  •   コルサコフ市ロシアサハリン州[1]
    • 1992年7月23日 友好都市提携
    「環日本海時代」への対応として、庄内中央青年会議所の仲介により、市民レベルで各種の国際交流を行うことを相互確認。1992年に「余目町とコルサコフ市との友好交流に関する覚書」に調印。

地域編集

教育編集

  • 小学校
    • 余目町立第一小学校
    • 余目町立第二小学校
    • 余目町立第三小学校
    • 余目町立第四小学校
  • 中学校
    • 余目町立余目中学校
  • 高等学校
    • 山形県立庄内総合高等学校

公民館編集

  • 中央公民館(響ホール)
  • 第一公民館
  • 第二公民館
  • 第三公民館
  • 第四公民館

公共施設・文化施設編集

  • 響ホールウェブサイト
  • 余目町絵画収蔵館
  • 余目町資料館(第四公民館内)
  • 余目町総合体育館
  • 余目町立図書館

交通編集

鉄道路線編集

羽越線と陸羽西線が接続する交通の要所である。酒田市、鶴岡市どちらにも約20分で行くことができる。

路線バス編集

道路編集

観光スポット・史跡・祭り編集

出身有名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 姉妹(友好)提携情報”. 自治体国際化協会. 2012年10月27日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2012年2月4日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集