吉田 圭伸(よしだ けいしん、1987年1月12日 - )は、日本北海道中川郡音威子府村出身のクロスカントリースキー選手。おといねっぷ美術工芸高校中央大学を卒業。現所属は自衛隊体育学校冬季特科[1]札幌市在住。

吉田 圭伸
20190303 FIS NWSC Seefeld Men CC 50km Mass StartKeishin Yoshida 850 7317 (cropped).jpg
名前
カタカナ ヨシダ ケイシン
ラテン文字 Keishin Yoshida
基本情報
国籍 日本の旗 日本
種目 ノルディック
クロスカントリースキー
所属 自衛隊体育学校冬季特科
生年月日 (1987-01-12) 1987年1月12日(33歳)
生誕地 北海道中川郡音威子府村
居住地 北海道札幌市
身長 175㎝
体重 74㎏
ワールドカップ戦歴
デビュー年 2006年
最高成績 6位
 
獲得メダル
日本の旗 日本
クロスカントリースキー
アジア冬季競技大会
2011 アスタナ・アルマトイ 10kmクラシカル
2011 アスタナ・アルマトイ 15kmフリー
2011 アスタナ・アルマトイ 4×10kmリレー
2011 アスタナ・アルマトイ 30kmパシュート

経歴編集

音威子府中学3年時に全国中学校スキー大会フリー種目で初の全国制覇。おといねっぷ美術工芸高校2年時にはインターハイでクラシカル、フリー、男子リレーの3冠に輝き、学校対抗男子総合優勝に大きく貢献。翌3年時には、フリー種目で優勝。学校対抗でも男子総合優勝をし、2連覇を果たす。ノルディックスキージュニア世界選手権クロスカントリースキー競技では、日本人高校生史上初となる銀メダルを獲得。中央大学卒業後は陸上自衛隊冬季戦技教育隊(現・自衛隊体育学校冬季特科)に所属。自衛隊での階級1尉[2]

2011年の冬季アジア大会( カザフスタン)では2種目で金メダルを獲得。

2014年2月のソチオリンピックロシア)においてオリンピック初出場。

2017年2月4日、平昌( 韓国)で開催されたW杯距離複合において、自己最高順位となる6位に入賞。

2018年2月の平昌オリンピック(韓国)において2大会連続でオリンピック出場を果たす。

主な競技結果編集

冬季オリンピック編集

ノルディックスキー世界選手権編集

ワールドカップ編集

  • 初出場 - 2006年3月19日 札幌大会(  日本)男子30㎞パシュート
  • 最高成績 -2017年2月4日 平昌大会(韓国)男子30km複合:6位

その他の国際大会編集

ジュニア世界選手権編集

  • 2005年ロバニエミ大会(  フィンランド
    • 男子10kmフリー:銀メダル

U23世界選手権編集

  • 2010年ヒンターツァルテン大会(  ドイツ
    • 男子15kmクラシカル:4位
    • 男子30kmパシュート:4位

冬季アジア大会編集

脚注編集

  1. ^ JOC. “第22回オリンピック冬季競技大会”. 2014年2月10日閲覧。
  2. ^ 会報125号 陸自冬戦競ソチ五輪代表等決定” (2014年1月1日). 2014年12月6日閲覧。

記録の出典編集