メインメニューを開く
吉田巖

吉田 巌(よしだ いわお、1882年7月6日 - 1963年6月4日)は大正から昭和にかけての教育者、アイヌ民族研究家。

略歴編集

福島県宇多郡中村(現・相馬市)に元・相馬藩士であった吉田恭重の四男として生まれる。母は二宮尊徳の孫であり二宮尊親の妹。1903年に福島県立第四中学校を卒業後、1904年から郷里で小学校教員となり、1906年に兄の住む北海道の豊頃に渡る[1]。同年中に音更尋常小学校の教員となり、以後アイヌ学校の教員を歴任した。1907年芽室村の毛根尋常小学校に転任、その年のうちに北海道旧土人救育会の経営する実業補習学校(虻田学園)に転じるものの、1910年有珠山噴火による学園の閉鎖に伴い職を失う[2]。虻田第二尋常小学校の教員代理をへて、1911年沙流郡平取村荷負尋常小学校教員となった。1913年豊頃村報徳教育所に転じ、1915年12月から帯広の第二伏古尋常小学校(1919年に日新尋常小学校と改称)に勤めはじめ、1931年に同校が廃止になるまで校長兼訓導としてアイヌ民族と共に生活し、その風俗や伝承を記録した[2]

1922年に北海道庁が「保導委員」制度を創設するとその委嘱を受け、1923年から「土人保導委員」、1932年から方面委員、1946年より民生委員となり1949年までつとめた。1950年に帯広市文化賞、1952年に北海道文化賞を受賞した[3]

脚注編集

  1. ^ 小川正人『北海道立アイヌ民族文化研究センター調査研究報告書4』北海道立アイヌ民族文化研究センター、2008年、1p。
  2. ^ a b 小川正人『北海道立アイヌ民族文化研究センター調査研究報告書4』北海道立アイヌ民族文化研究センター、2008年、2p。
  3. ^ 北海道新聞社・編『北海道歴史人物事典』北海道新聞社、1993年、404-405p。

著作編集

  • 『心の碑-アイヌ学校教員体験記』(北海出版社、1935年)
  • 河野本道編『アイヌ史資料集第二期 吉田巌著作編』(3巻、北海道出版企画センター、1983-1984年)

参考文献編集