メインメニューを開く

吉田 恭教(よしだ やすのり、1960年[1] - )は、日本小説家漁師[2]佐賀県唐津市生まれ[1]島根県大田市在住[3]桃山学院高等学校卒業[4]

吉田 恭教
(よしだ やすのり)
誕生 1960年????
佐賀県唐津市
職業 小説家
国籍 日本の旗 日本
活動期間 2011年 -
ジャンル 推理小説
代表作 『変若水』(2011年)
主な受賞歴 第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞優秀賞
デビュー作 『朝焼けの彼方へ 背暦の使者』
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

目次

経歴・人物編集

30歳まで東京で写真製版業に従事するが、病気を患い医者の勧めで島根県一本釣り漁師となる[1]2010年、『変若水(をちみづ)』(応募時のタイトルは「変若水 月神の遺産」)が第3回ばらのまち福山ミステリー文学新人賞の優秀作に選ばれる。選考委員の島田荘司は「作中にある世界の完成度は、その大きさ、異形の度あいも含め、この作が最も高い」と評した[5]。2011年、同作で本格的に作家デビューする。推理作家になろうと思ったきっかけについて、「時化で海に出られないときに、小説でも書いてみようと思い立ち、島田荘司が好きだったのでミステリ小説を書くことにした」と語っている[6]

作品編集

単行本編集

  • 朝焼けの彼方へ 背暦の使者(2006年7月 翔雲社)
  • 変若水(2011年10月 光文社
  • ネメシスの契約(2013年7月 光文社)
  • 堕天使の秤(2014年12月 光文社)
  • 可視える(2015年10月 南雲堂
  • 背律(2016年3月 原書房
  • 亡者は囁く(2016年9月 南雲堂)
  • 鬼を纏う魔女(2017年6月 南雲堂)
  • 化身の哭く森(2017年7月 講談社

雑誌掲載短編編集

  • 幽霊画奇譚(光文社『小説宝石』2014年3月号)

脚注編集

外部リンク編集