メインメニューを開く

同一人物説(どういつじんぶつせつ)とは、二人の異なる人物は実は同一人物なのではないかと推測する仮説のこと。

概要編集

同一人物説の中には、「最終的には広く受容されるに至ったもの」から、「一部のアマチュア歴史学者が唱えるにとどまり、学術的には論破、ないしは無視されているもの」まで、さまざまなものがある。以下の例では後者のものが多いが、この記事は、このような仮説が提示されるという事象そのものに対する解説をするものである。

同一人物説は、以下のような条件が揃った場合に語られる。

  1. 前半生となる人物は、「有名であり、能力もあったと推測されながらも、若くして非業の死を遂げた人物」である。
    1. このような人物は悲劇のヒーローとして語られ、後世の大衆の人気が高くなるため(判官びいき)、「もっと長く生きていてほしい」という願望(生存説)が、同一人物説の一つの原動力となる。
  2. 後半生となる人物は、「出自が不明で、壮年以降から、突然歴史の表舞台に現れる人物」である。このような人物の前半生は興味深い謎解きの対象となりやすく、そのような謎解きの答えの一つとして、同一人物説が語られる。
  3. 生没年が近い者同士が選ばれる。

作家や芸術家の場合は、作風の共通点などが根拠とされる。活動時期は重なっていることもある。

複数の文献や、文献と考古学的証拠による人物が同一人物だと主張されることも多い。このような同一人物説は特に「(人物)比定」と呼ばれる。日本では主君から偏諱を与えられたことなどによる改名が後になって誤って別人の事績として扱われたとする説が唱えられることがある[1]

編集

卑弥呼
日本側の歴史書に残る、さまざまな女性との同一人物説がある。
神武天皇崇神天皇
10代崇神天皇の諱号が「国の開祖」と解釈できるため、初代神武天皇と同一人物だという説。
いずれか(あるいは両方とも)が架空だとの説もある。
応神天皇仁徳天皇
記紀の記述に重複があることから、同一人物説がある。
倭の五王
大和朝廷の天皇に比定されることが多い(異説もある)が、どの天皇かについては諸説ある。
源義経チンギス・カン
衣川館で戦死した」とされる源義経は、「実は生きており、日本海を越えて大陸に渡り、モンゴル帝国を築いた英雄になった」という説。詳細は「義経=ジンギスカン説」を参照。
明智光秀天海
「明智光秀は、山崎の戦いから落ち延びる途中に死んだ」とされるが、「実は生きており、豊臣家を滅ぼした徳川家の元で活躍した」という説。
その他、光秀の従弟の明智光春や、娘婿の明智秀満とする説もある。
ウィリアム・シェイクスピア
詳細は「シェイクスピア別人説」を参照。

脚注編集

  1. ^ 加地宏江による山入師義・言義同一人物説(「源威集の作者について」『中世歴史叙述の展開 -『職原鈔』と後期軍記-』)や江田郁夫による小山泰朝・満泰同一人物説(「小山若犬丸の乱について」『室町幕府東国支配の研究』)などが挙げられる。

関連項目編集