メインメニューを開く

呉 忠信(ご ちゅうしん)は、中華民国の軍人・政治家。中国同盟会以来の革命派人士。初期は軍人として活躍したが、国民政府成立後は各省政府主席を歴任している。礼卿守堅。号は恕庵

呉忠信
Wu Zhongxin.jpg
プロフィール
出生: 1884年3月15日
光緒10年2月18日)
死去: 1959年民国48年)12月16日
中華民国の旗 中華民国(国民政府)台北市
出身地: 清の旗 安徽省廬州府合肥県
職業: 軍人・政治家
各種表記
繁体字 吳忠信
簡体字 吴忠信
拼音 Wú Zhōngxīn
和名表記: ご ちゅうしん
発音転記: ウー ヂョンシン
テンプレートを表示

事跡編集

革命派としての活動編集

1900年光緒26年)、南京の江南将弁学堂に入学する。1905年(光緒31年)に卒業後は、新軍第9鎮で任官した。その翌年に中国同盟会に秘密裏に加入している。1908年(光緒34年)、二等参謀官に昇進した。1911年宣統3年)の辛亥革命においては、第9鎮統制徐紹楨に従って革命派として蜂起し、南京で張勲率いる清軍と交戦した。

1912年民国元年)、南京に中華民国臨時政府が成立すると、呉忠信は警察総監に任命された。袁世凱が臨時大総統となると、寧鎮澄淞四路要塞司令に任命される。その一方で上海を拠点とする同盟会機関報『民立報』の経理兼社長代理となり、于右任の補佐を務めた。

1913年(民国2年)の二次革命(第二革命)にも、呉忠信は革命派として参加したが、敗北して日本へ亡命した。翌1914年(民国3年)に孫文(孫中山)が中華革命党を創設すると、呉もこれに参加している。1915年(民国4年)、孫文の命により上海へ戻り、陳其美を補佐して反袁の蜂起を行った。

護法運動を経て政治家へ編集

1917年(民国6年)、孫文が護法運動を開始すると、呉忠信もこれに参加し、粤軍上校参謀に任命された。以後、各地を転戦し、1921年(民国10年)に桂林衛戍司令兼大本営憲兵司令に抜擢された。1922年(民国11年)に孫文、張作霖段祺瑞の三角同盟が結成されると、呉が孫文側の全権軍事代表に任じられる。しかし、まもなく呉は病に倒れ、3年間蘇州で療養に努めざるを得なかった。

1926年(民国15年)夏、広州国民政府が北伐を開始する。呉忠信は南昌蒋介石の招聘に応じ、その幕僚となった。1929年(民国18年)2月、呉は海外視察に赴いている。1932年(民国21年)3月、安徽省政府主席に任命され、地方制度整備や公道整備、歳出削減に尽力した。しかし、次第に省内の官吏と財政引締めをめぐって対立し、1933年(民国22年)5月、辞任した。

1935年(民国24年)4月、貴州省政府主席に就任した。そこでもやはり綱紀粛正、公道整備、地方経済振興に尽力した。その一方で、隣接する広西省新広西派との関係調整にも心を配っている。

蒙蔵委員会委員長、新疆省政府主席編集

 
ダライ・ラマ14世と呉忠信(左側)

1936年(民国25年)8月、呉忠信は蒙蔵委員会委員長に就任し、内地に亡命してきていたパンチェン・ラマ9世チベットに戻す事業に取り組んだ。翌1937年(民国26年)に9世は円寂したが、呉はその霊柩をチベットに帰還させている。また、考試院院長戴季陶西康省へ祭祀のために赴くよう依頼した。

1940年(民国29年)2月、ダライ・ラマ14世の即位式がラサで挙行されると、呉は国民政府代表として即位式に参列した[1]1941年(民国30年)9月、甘寧青区党政工作考察団団長に任命され、その翌年には新疆省盛世才との交渉も行っている。同年12月には、中国辺政学会理事長となり、月刊雑誌『辺政公論』を創刊した。

1944年(民国33年)8月、盛世才の後任として、呉忠信は新疆省政府主席兼保安総司令に任命された(保安総司令は、第8戦区司令長官朱紹良が代理)。呉は、盛に逮捕されていたブルハン・シャヒディなど各民族、各界の人物を釈放し、宥和政策をとる。しかし、同年11月に三区革命により東トルキスタン共和国が建国されると、呉はその勢いを止めることができなかった。結局、ソ連と国民政府の交渉により、東トルキスタン共和国への対処は一時解決したが、1946年(民国35年)3月、呉は新疆省政府主席を辞任した。

その後も、呉忠信は総統府秘書長などをつとめる。蒋介石に従って台湾に逃れてからは、総統府資政、国民党中央評議委員、中央紀律委員会主任委員などを歴任した。

1959年(民国48年)12月16日、台北で病没。享年76(満75歳)。 

編集

  1. ^ なお中国側見解では、呉忠信はこの際に即位式を取り仕切ったとされるが(例として、沈荊唐「呉忠信」)、チベット側はこれを否定している(ダライ・ラマ法王日本代表部事務所「ダライ・ラマ法王とチベット」 Archived 2013年7月6日, at the Wayback Machine.)。

参考文献編集

  • 沈荊唐「呉忠信」中国社会科学院近代史研究所『民国人物伝 第10巻』中華書局、2000年。ISBN 7-101-02114-X
  • 徐友春主編『民国人物大辞典 増訂版』河北人民出版社、2007年。ISBN 978-7-202-03014-1
  • 劉寿林ほか編『民国職官年表』中華書局、1995年。ISBN 7-101-01320-1
  • ダライ・ラマ法王日本代表部事務所「ダライ・ラマ法王とチベット」
   中華民国(国民政府)国民政府
先代:
陳調元
安徽省政府主席
1932年4月 - 1933年5月
次代:
劉鎮華
先代:
王家烈
貴州省政府主席
1935年4月 - 1936年8月
次代:
顧祝同
先代:
林雲陔
蒙蔵委員会委員長
1936年8月 - 1944年12月
次代:
羅良鑑
先代:
盛世才
新疆省政府主席
1944年8月 - 1946年3月
次代:
張治中
先代:
呉鼎昌
総統府秘書長
1948年12月 - 1949年1月
次代:
翁文