メインメニューを開く

和歌山県民歌」(わかやまけんみんか)は日本都道府県の一つ、和歌山県が制定した県民歌である。作詞・西川好次郎、作曲・山田耕筰

和歌山県民歌

県民歌の対象
Flag of Wakayama Prefecture.svg 和歌山県

作詞 西川好次郎
作曲 山田耕筰
採用時期 1948年
言語 日本語
テンプレートを表示

解説編集

1948年昭和23年)、ある篤志家が和歌山フィルハーモニック・ソサエティー委員長の竹中重雄に「県の再建につながり、後世に残るものを何か考えてほしい」と提案した[1][2]。竹中はこの提案に対して「県民歌の制定」を思い立ち、作詞部門に佐藤春夫、作曲部門に山田耕筰をそれぞれ選者に迎えて一般公募を実施した[2]。作詞者の西川好次郎は詩人で後の1976年(昭和51年)には和歌山県文化功労賞を受賞しており[3]、応募作の入選に際して「南国紀州を愛する熱情を傾けて作詞した。まことに胸底から沸き上がる平和へ、勤労へ、希望へ真心に燃えての作です」とコメントした。また選者の佐藤は「情緒豊かに明朗で県民性がよく現れている」との選評を残している[2]。曲は該当作が無く、選者の山田耕筰が自ら作曲した[3]。翌1949年(昭和24年)に発売されたSPレコードの歌唱(創唱)者は藤山一郎で、1970年昭和45年)には立川澄人が歌唱するカバーが翌1971年(昭和46年)開催の黒潮国体に合わせて発表された[4]。旋律は2015年(平成27年)12月31日著作権の保護期間を満了している。

制定された後も県の行事以外に演奏される機会は少なかったが、2000年代に入り県庁で電話の保留音として使うようになった他[2]1979年(昭和54年)に大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏で録音されたレコードを原盤とするCDを県内の学校に配布するなどの普及活動が行われている[5]。またテレビ和歌山では、放送開始・終了告知のBGMとして1番を県内の風景映像とともに流している。

脚注編集

外部リンク編集