メインメニューを開く

商業演劇(しょうぎょうえんげき)とは、演劇ジャンルの一つで、特にその興行方式に特徴がみられる。

もともと、商業演劇という言葉は、芸術志向的な演劇を目指す新劇運動の側から、従来の旧劇(歌舞伎)や新派劇などに対して批判的に使われたもので、こうした言い方は日本独特であるとも言われる。海外においては、文化政策やショー・ビジネスとして、大きい劇場に出演し利益が出てスタッフ・キャストに出演料を払い生計が立つのがプロであり、アルバイトで生計を立てている俳優をアマチュアというが日本においては、江戸時代までは海外のように労組に属するなどのプロとアマチュアの区別がはっきりしておらず、アルバイトで生計を立てていても自らをプロと称する俳優がいる反面、利益を出して生計を立てていても商業演劇の俳優を見下す傾向があったが、これには妬みなども関係している。

目次

商業演劇の主役編集

商業演劇の最も大きな特徴は、「まず "主役" ありき」ということである。主演俳優達がどれだけ格好良く・美しく、観客の心を掴んで、笑わせ・泣かせるかに舞台の成否がかかっている。

そのため主役には、確実な集客が見込める人気と評価の高い実力を兼ね備えた人気俳優が選ばれる事が多い。

演技力、歌唱力、ダンス技能は当然求められるが物語に合った美しい容姿が集客に大いに影響する。

商業演劇の劇場は、1ヶ月公演(1週間程度の御稽古で25日間公演)なので、かつては集客力の有る看板となる俳優を12ヶ月に12人集めれば、1年間の公演スケジュールが埋まったが、現在は看板となる俳優や歌手が少ないので、商業演劇も収益を出すのが難しい。

無料で視聴するテレビの人気者が、有料の劇場で集客力が有るとは限らない。 有料の劇場を連日満員にするには圧倒的な人気だけでなく実力も必要になってくる。

かつての歌手は、演歌歌手でもポップスジャズを歌ったので、演歌ファンだけでなく、ポップスファンやジャズファンも集客できたし、そうした歌手がミュージカルも演じたのでミュージカルファン以外もミュージカル観客動員できたが、現在の役者は時代劇現代劇・ミュージカル、歌手も演歌・ポップスとジャンル分けされたので、地方都市で観劇人口が少ないとジャンルのファンしか集客できず地方劇場では集客に苦戦している。

商業演劇の興行編集

広義には、チケットを販売してその購入者向けに上演される演劇作品はすべて商業演劇とも言えるが、特に新劇小劇場演劇と区別する意味で「商業演劇」という名称が存在する。

商業演劇を主催するのは、主に松竹東宝などの大手興行会社である。多くの収益を見込み、大規模な劇場で、主役に花形スターを擁すなどして、1ヶ月単位で公演が行われる。一等席・二等席・三等席などの席種が設定され、一等席は、1万2千円~1万5千円程度、三等席は4~5千円程度の料金設定であることが多い。

公演日程の半分以上で、1日に昼・夜の2回公演され、特に昼の部は年配の富裕層や団体客などで賑わう。一般的な演劇公演では昼の部が設定される日は少なく、数週間以上の公演日程であれば、毎週月曜日か火曜日が完全な「休演日」となるのが慣例だが、商業演劇では1ヶ月の公演で完全休演となるのは1~2日のみというスケジュールが組まれる。

公演総時間は3時間~3時間半程度と長いが、幕間には20~30分程度の休憩が2度ほど挟まれ、一幕は長くても1時間程度である。休憩が多いのは、年配者に配慮しているためでもあるが、商売のためでもある。開演前には、休憩時間向けの幕の内弁当の予約販売が行われ、予約者向けに専用の食事場所が提供されたり、会場内(座席)に持ち込んで食べることが許される。一般的な劇場の多くで、座席での飲食が禁じられているのとは正反対である。食事休憩が設定されるのは、日本の商業演劇の劇場が東京・名古屋・京都・大阪・福岡などの大都市にあるので、連日の昼・夜公演となると夜の公演の終演時の帰宅時間に郊外からの観客が終電に間に合うには、夜の終演から逆算した公演時間スケジュールになり、昼食時間や夕食時間を幕間に設けないと観客が空腹を抱えながら観劇しなければならないからである。海外のショー・ビジネスが、観客が職住一致で、マチネーでも昼食後、ソワレでも夕食後に着替えしても開演時間に間に合うのとは対照的である。

劇場内には、商品販売専用のスペースがあり、ショーケースなどが設けられている。公演の筋書きやパンフレットのみだけではなく、菓子折りや小物類など、常時販売されている商品があることが特徴であり、長い休憩時間をショッピングに当てることも期待されている。これは歌舞伎座の形態と似ており、劇場に足を運ぶこと自体が娯楽だった時代の名残が引き継がれていると見ることができる。一般的な劇場では、ロビーや通路等に、折りたたみテーブルにクロス掛けしたような、臨時のパンフレット・関連グッズ売り場が設置されることと比較して、考え方の違いが現れている。一幕もの休憩なしの演劇公演に慣れている観客はなおさらだが、そうでなくても、1時間近くが休憩に費やされる形態には冗長な印象を持つことも多い。俳優の拘束時間も長い。

東京や京阪のように、芸能人が居住する地区の劇場は、俳優・歌手の宿泊料や東京・京阪からの交通費が不要であり、芸能界志望者が勉強として観劇するが、名古屋や福岡のように商業演劇の主役になる芸能人が居住しない地区の劇場は、客は娯楽として観劇し、俳優・歌手の宿泊料や東京・京阪からの交通費を招く劇場が負担するので利益が出にくく、かつて商業演劇の劇場だった名鉄ホールは貸しホールになり、中日劇場御園座と2013年、統合案が報道された[1]。御園座の建て替えは完成予定の2017年末で、中日劇場は2018年初を目途に自主公演を取りやめ、中日ビル建替えまでの期間は貸しホールにして、名古屋圏の観劇人口の分散防止して収益向上しようとしているし、福岡の博多座は第三セクターでここ数年、正規で買うより安い半額チケットや、タダ券がたくさん出回り、博多座の観客の間で問題になっており、特に歌舞伎公演において問題になっていて[2]、看板俳優・歌手が少ないので、東京・京阪以外の商業演劇劇場の収益向上は難しい。

商業演劇の脇役編集

主要な脇役には、ある程度の知名度と、舞台をしっかり支えることのできる演技の力量が求められる。テレビなどではあまり見られない舞台のベテラン俳優の重みのある演技が、観客の目を引くことも多い。主役目当てだった観客の中にも、良い演技をした脇役俳優のファンになって帰っていく人も少なくない。

また商業演劇では大勢の出演者を登場させることが多く、「その他大勢」の脇役俳優も多い。「大部屋俳優」という言葉が今でも使われ、大部屋の俳優・女優たちは、主要な出演者の楽屋個室での世話役を兼任していることも多い。あるいは、もともとの付き人が俳優として端役で出演することもある。

商業演劇の団体客編集

一般的な演劇と比較して、その演劇自体に興味を持ってチケットを購入する個人の観客に比べ、様々な窓口を通じての団体客が多いことが特徴である。

団体客とは、主役やその他出演者の後援者やファンクラブを通じてのチケット購入客のほか、興行会社や公演に協賛する企業を通じての招待客や割引客、市民サークルなどの演劇鑑賞団体による観劇、旅行会社主催によるバスツアーなどで訪れる客、市区町村などの福利厚生部門を窓口とした割引チケット購入者などが挙げられる。

大劇場で長期間上演されるがゆえに、個人の演劇鑑賞意欲にも増して、いわゆるお得意さんに大きく依存せざるを得ない実情がある。

簡保,生保農協などの団体観劇が減少し、観劇環境は厳しく、中日劇場が閉館した理由にもなっている[3]

劇場編集

商業演劇が上演されることの多い主な劇場として、下記劇場がある。

以上に歌舞伎専用劇場の歌舞伎座を加え、日本演劇興行協会に加盟する劇場

商業演劇の主演者たち編集

森光子 森繁久彌 松平健 市村正親 大地真央 渡辺謙 堂本光一 井上芳雄 田村正和 松たか子 藤田まこと 舟木一夫 吉幾三 松井誠 滝沢秀明 歌舞伎俳優

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ “御園座、存続へ中日劇場と統合検討・名古屋経済界も支援”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2013年2月7日). http://www.asahi.com/business/update/0207/NGY201302060025.html 2013年2月16日閲覧。 
  2. ^ 博多座 無料券の乱発で“赤字経営” - 日本共産党福岡市議団 - 議会レポート
  3. ^ 2018年5月1日中日劇場(中日新聞社文化芸能局)発行「中日劇場全記録」