善知鳥峠

国道153号標識
善知鳥峠
Route 153 Utou Pass.jpg
国道153号善知鳥峠。辰野方面から塩尻方面。
標高 889 m
所在地 長野県塩尻市
位置 北緯36度4分32.9秒 東経137度58分47秒 / 北緯36.075806度 東経137.97972度 / 36.075806; 137.97972座標: 北緯36度4分32.9秒 東経137度58分47秒 / 北緯36.075806度 東経137.97972度 / 36.075806; 137.97972
通過する交通路

Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号

中央本線(善知鳥トンネル)
Project.svg プロジェクト 地形
テンプレートを表示
善知鳥峠の位置
善知鳥峠の位置
善知鳥峠の位置
善知鳥峠の位置

善知鳥峠(うとうとうげ)は、長野県塩尻市にある。かつて三州街道が通り、現在は国道153号が通る。

目次

地理編集

標高は889m、地形は北(塩尻)側が急で、南(辰野)側は緩い。直下には中央本線塩尻駅小野駅を結ぶ「善知鳥トンネル」が通る。

中央分水嶺の峠の一つで、南側に降った雨は天竜川太平洋)へ流れ、北側に降った雨は、犀川信濃川(千曲川)へ合流、日本海)へ流れる。峠の頂上付近には、分水嶺公園が設置されており善知鳥峠の由来を書いた石碑もある。

歴史編集

貞和4年(1349年)から翌年にかけて信濃守護小笠原政長北朝方)と諏訪直頼南朝方)が付近で合戦を行ない、天文17年(1548年)に武田晴信小笠原長時が戦った塩尻峠の戦いではこの一帯も戦場になったされる。

国道153号の北側部分には登坂車線が設置されており、1971年の道路改良前までは急斜面に31のカーブを有する難所であった。長野自動車道が開通するまでは、名古屋方面と松本・長野を結ぶ交通の要衝であった。

1990年代までは頂上にウルトラマンのマスコットを備えたドライブインが設置されていたが、長野自動車道の開通などによる交通量の減少により閉鎖し、建物は2001年1月27日の大雪で倒壊した。

由来編集

地元に伝わる善知鳥(ウトウ)と猟師の民話[1]による[2]

『猟師が北国の浜辺で珍しい鳥の雛を捕らえ、息子を伴い、都に売りに行った。
 親鳥はわが子を取り戻そうと「ウトウ、ウトウ」と鳴き、猟師の後を追い続けた。
 やがて猟師親子は険しい峠道に差し掛かり、さらに激しい吹雪に見舞われた。
 吹雪のなか無理に峠を越えようとする猟師に、親鳥もなお追い続ける。地元の村人たちには吹雪の中ずっと「ウトウ、ウトウ」と鳴き続ける鳥の声が響いたという。
 やがて猟師は激しい吹雪のなか力尽き、峠を越えること叶わず、その地に果てた。
 吹雪の収まったあと村人たちが峠に出ると、泣きじゃくる息子とわが子をかばように覆って死んだ猟師の姿があった。
 またすぐ脇には、同じように鳴き続ける雛鳥と子をかばうように覆って死んだ親鳥の姿もあった。
 どちらも、命を賭してわが子を吹雪から守ったのであった。
 村人たちはその鳥が善知鳥(ウトウ)であると知って猟師とともに手厚く弔い、その地を「善知鳥峠」と呼ぶようになったという。』


また、の大家世阿弥が作ったとされる謡曲善知鳥」ではその後とされる話が描かれている。概要は以下のとおり。

『立山(富山県立山町)を訪れた僧が、陸奥の外の浜津軽半島東部地域)の出身だという猟師の霊と出会う。
 この猟師、生前に善知鳥を捕まえた報いで地獄に堕ち、苦しんでいるのだという。
 猟師は僧に、自分の形見だと言って簑笠と麻衣を渡し、妻子に届けてくれと頼んだ。
 僧は猟師の妻子を訪ね、猟師の形見を渡した。
 妻子が僧に頼んで形見を供養すると、猟師の霊が現れ、地獄で善知鳥に責め苦しめられる様子を見せた。』

 青森県青森市の中心部に善知鳥神社という神社があるが(青森市=旧善知鳥村の発祥の地とされる)、これと関連する伝説が残る。

脚注編集

  1. ^ 「信州の民話伝説集成 中信編」(編著:はまみつを、発行:一草舎
  2. ^ まんが日本昔ばなし」でもこの話を採り上げ、放送した(題名『うとう峠』:2015年5月5日時代劇専門チャンネルにて再放送

関連項目編集