メインメニューを開く

喜安 朗(きやす あきら、1931年8月 - )は、日本の西洋史学者、日本女子大学名誉教授。専門は、フランス近代史、都市社会史、民衆史。

目次

人物・経歴編集

東京生まれ。東京大学文学部西洋史学科1954年卒業、同大学院人文科学研究科博士課程満期退学。信州大学助教授、日本女子大助教授、教授。2000年退任、名誉教授。

著書編集

単著編集

  • 『革命的サンディカリズム――パリ・コミューン以後の行動的少数派』(河出書房新社 1972年/五月社 1982年)
  • 『民衆運動と社会主義――ヨーロッパ現代史研究への一視角』(勁草書房 1977年)
  • 『パリの聖月曜日――19世紀都市騒乱の舞台裏』(平凡社 1982年/岩波現代文庫 2008年)
  • 『近代フランス民衆の<個と共同性>』(平凡社 1994年)
  • 『夢と反乱のフォブール――1848年パリの民衆運動』(山川出版社 1994年)
  • 『これからの世界史(7)近代の深層を旅する』(平凡社 1996年)
  • 『天皇の影をめぐるある少年の物語――戦中戦後私史』(刀水書房 2003年)
  • 『パリ――都市統治の近代』(岩波新書 2009年)
  • 『民衆騒乱の歴史人類学――街路のユートピア』(せりか書房 2011年)
  • 『転成する歴史家たちの軌跡―網野善彦、安丸良夫、二宮宏之、そして私』(せりか書房 2014年)

共著編集

編著・共編編集

訳書編集

  • リサガレー『パリ・コミューン――1871年コミューンの歴史』(現代思潮社 1968年)
  • トクヴィル『フランス二月革命の日々――トクヴィル回想録』(岩波文庫 1988年)
  • ルイ・シュヴァリエ『労働階級と危険な階級――19世紀前半のパリ』(みすず書房 1993年)
  • マルタン・ナド『ある出稼石工の回想』(岩波文庫 1997年)
  • ジャック=ルイ・メネトラ『わが人生の記――18世紀ガラス職人の自伝』(白水社 2006年)

参考編集

  • 喜安朗先生略年譜・著作目録 (喜安朗教授退任記念号) 史艸 2000-11