メインメニューを開く

成田 龍一(なりた りゅういち、1951年11月20日[1]- )は、日本の歴史学研究者。日本女子大学人間社会学部教授。専門は日本近現代史、都市社会史。

目次

来歴・人物編集

大阪市生まれ。1970年麻布高等学校卒業、1974年早稲田大学第一文学部卒業、1983年同大学院文学研究科博士後期課程修了。1985年「加藤時次郎-加藤時次郎選集」で文学博士横浜市立大学講師、東京外国語大学講師、助教授、日本女子大学人間社会学部助教授、教授。初期社会主義研究会会員。

著書編集

単著編集

  • 『加藤時次郎』(不二出版 1983年)
  • 『「故郷」という物語 都市空間の歴史学』(吉川弘文館 1998年)
  • 『〈歴史〉はいかに語られるか 1930年代「国民の物語」批判』(日本放送出版協会[NHKブックス] 2001年/ちくま学芸文庫 2010年)
  • 『歴史学のスタイル 史学史とその周辺』(校倉書房 2001年)
  • 『近代都市空間の文化経験』(岩波書店 2003年)
  • 司馬遼太郎の幕末・明治 『竜馬がゆく』と『坂の上の雲』を読む』(朝日選書 2003年)
  • 『「大菩薩峠」論』(青土社 2006年)
  • 『歴史学のポジショナリティ 歴史叙述とその周辺』(校倉書房 2006年)
  • 『シリーズ日本近現代史(4) 大正デモクラシー』(岩波新書 2007年)
  • 『戦後思想家としての司馬遼太郎』(筑摩書房 2009年)
  • 『「戦争経験」の戦後史-語られた体験/証言/記憶』(岩波書店 2010年) 
  • 『近現代日本史と歴史学 書き替えられてきた過去』(中公新書 2012年) 
  • 『歴史学のナラティヴ 民衆史研究とその周辺』(校倉書房 2012年)
  • 『戦後日本史の考え方・学び方 歴史って何だろう?』(14歳の世渡り術 河出書房新社 2013年)『戦後史入門』河出文庫 2015年
  • 加藤周一を記憶する』(講談社現代新書 2015年)
  • 『「戦後」はいかに語られるか』河出ブックス 2016

共著編集

編著編集

  • 『加藤時次郎選集』(弘隆社 1981年)
  • 『近代日本の軌跡(9) 都市と民衆』(吉川弘文館 1993年)

共編著編集

外部リンク編集

編集

  1. ^ 『現代日本人名録』2002年