メインメニューを開く
トムラウシ温泉噴泉塔

噴泉塔(ふんせんとう)は、石灰華の一種。噴泉石炭華塔(略して石炭華塔)とも呼ばれる。温泉に含まれる成分が空気に触れ、沈殿物(主要成分として炭酸カルシウム水酸化マグネシウム)となり、それが固まって長い年月の間にのような形状になったものを指す。

目次

概要編集

全国各地の温泉に見られるものである。

国の天然記念物として、秋田県湯沢市の「鮞状硅石および噴泉塔」(1924年12月9日指定)、栃木県日光市の「湯沢噴泉塔」(1922年3月8日指定)、石川県白山市の「岩間の噴泉塔群」(1954年12月25日指定後, 1957年6月19日特別天然記念物指定)がある。このうち湯沢市の噴泉塔は1964年までに失われている[1]

北海道河東郡上士幌町の丸山噴泉塔群のうち最も高いものは2mを超え、岩間の噴泉塔群の一部が2m近く、北海道上川郡新得町トムラウシ温泉の噴泉塔も1.4m程となる。1mを超える塔は世界的にも珍しく、学術的に貴重なものである。参考までに湯沢噴泉塔のものは、最大で60cm程しかない。

関連項目編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ あきた27号53p秋田県 1964年8月1日発行

外部リンク編集