四条貞子

日本の鎌倉時代の貴族、准三宮

四条 貞子(しじょう さだこ、藤原貞子(ふじわら の さだこ)、建久7年(1196年) - 正安4年10月1日1302年10月22日))は、鎌倉時代の貴族女性で、西園寺実氏の正室。父は権大納言四条隆衡、母は坊門信清の女。同母弟に隆親、姉妹に灑子(儷子とも、二条良実室)、親子(西園寺公基室)がいる。准三宮。今林准后、晩年には北山に壮麗な邸宅を構えて北山准后といわれた。

経歴編集

父隆衡の母は平清盛の女(建礼門院の同母妹)であり、清盛の曾孫にあたる。西園寺実氏の室となり、嘉禄元年(1225年)に姞子(後の後嵯峨天皇中宮・大宮院)を、貞永元年(1232年)に公子(後の後深草天皇中宮・東二条院)を生む。弘安5年10月8日1282年11月16日)自身の死後の冥福を祈った逆修供養を行い、その願文が現存している(伝世尊寺経尹筆、東京国立博物館蔵、重要文化財[1][2])。弘安8年2月30日1285年4月13日)の九十の御賀の華やかな様子が『増鏡』や『とはずがたり』巻第三に詳しく述べられている。正安4年(1302年)10月1日に107歳で薨去。

脚注編集

  1. ^ 小松茂美監修 小松茂美 築島裕解説 『鎌倉 世尊寺経尹 西園寺実氏夫人願文・鎌倉 世尊寺定成 平行政願文』 二玄社〈日本名跡叢刊 44〉、1980年7月20日。
  2. ^ 西園寺実氏夫人願文 - e国宝

参考文献編集