メインメニューを開く

四条 頼基(しじょう よりもと)は、鎌倉時代中期から後期にかけての武士日蓮の有力檀越官位左衛門尉であったので左衛門尉の唐名である金吾と称され四条 金吾とも言われる。

 
四条頼基
時代 鎌倉時代中期 - 後期
生誕 寛喜元年(1229年
死没 永仁4年3月15日1296年4月25日
改名 頼基→日頼(法名)
別名 四条金吾
官位 左衛門尉
主君 名越氏
氏族 四条氏
父母 父:四条頼員

承久3年(1221年)の承久の乱後、父・四条頼員の代から北条氏一族の名越朝時光時父子に執事として仕え、名越氏信濃国伊賀良荘の地頭となると代官として赴任した。

建長5年(1253年)から日蓮の説法に深く帰依し、文永8年(1271年)の龍ノ口法難では日蓮に殉死しようとした。日蓮の『開目抄』は佐渡島から鎌倉の頼基の許へ送られ、門下に広く示された。

晩年には甲斐国内船(現在の山梨県南巨摩郡南部町)の地を与えられ、内船寺を、身延山内に端場坊を建立している。屋敷跡は収玄寺となっている。

四条頼基を演じた人物編集

参考文献編集

  • 安田元久 編『鎌倉室町人名事典』新人物往来社、1990年