国民政府政府主席(こくみんせいふしゅせき、正体字國民政府主席英語: President of the Nationalist government)とは、中華民国における国民政府元首であり、国民政府の意思決定機関である国民政府委員会中国語版の主席でもある。

中華民国の旗中華民国国民政府委員会主席
國民政府委員會主席
Standard of the President of the Republic of China (1929-1988).svg
国民政府主席旗
呼称閣下
官邸中華民国の旗 中華民国(国民政府)南京国民政府主席官邸
指名中国国民党中央委員会(事実上)
根拠法令中華民国訓政時期約法中国語版
前身中華民国大総統
創設1925年7月1日
初代汪兆銘
最後蔣介石
廃止1948年5月20日
継承中華民国総統

1925年7月1日に、国民政府の成立により創設され、1948年5月20日南京国民政府を再編した中華民国政府の成立により廃止された。中華民国総統の前身、中華民国大総統の後身に当たる。正式には中華民国国民政府主席と言う。

国民政府主席一覧編集

ここに挙げる国民政府主席一覧は、今日の中華民国政府を基準として、「正統な国民政府」とされる国民政府の主席を挙げている。その他の国民政府については、それぞれの項目を参照のこと。なお、国民政府の主席は、全員が中国国民党の党員である。

国民政府主席一覧表
氏名 政党 就任 退任 備考 秘書長(文官長)
広東国民政府
  汪兆銘 中国国民党 1925年7月1日 1926年3月23日 中山艦事件を契機として、26年3月23日に辞職し、5月11日広東を離れる。
  譚延闓(代行) 中国国民党 1926年3月23日 1927年3月13日 汪兆銘の辞職により、主席の職権を代行し、7月6日に主席に選任される。
南京国民政府[1]
  胡漢民 中国国民党 1927年4月18日 1927年9月16日 鈕永建
 (廃止) 中国国民党 1927年9月16日 1928年2月7日 連声海
  譚延闓 中国国民党 1928年2月7日 1928年10月10日 連声海呂苾籌
  蔣介石 中国国民党 1928年10月10日 1931年12月15日 古応芬
  林森 中国国民党 1931年12月15日 1943年8月1日 1943年6月1日からは蔣介石が職務を代行した。 王樹翰魏懐
  蔣介石 中国国民党 1943年8月1日 1948年5月20日 呉鼎昌呉忠信
  1. ^ 1927年4月10日-1927年9月20日寧漢分裂、武漢南京均設立國民政府。1927年3月10日、武漢國民政府廢除主席、1927年4月28日南京國民政府仍設主席一職。(張朋園・沈懐玉『國民政府職官年表』)


出典編集

[脚注の使い方]

関連項目編集


前置の機関:
中華民国大総統
中華民国国家元首
1928年1948年
後続の機関:
中華民国総統