国際アンデルセン賞

国際アンデルセン賞(こくさいアンデルセンしょう、: Hans Christian Andersen Award)は、「児童文学への永続的な寄与」に対する表彰として贈られる国際的な賞。「小さなノーベル賞」とも呼ばれるほどの影響力を持つ。賞の名称はデンマークの高名な児童文学者ハンス・クリスチャン・アンデルセンにちなむ。

国際児童図書評議会 (IBBY) によって隔年で授与される。第3回(1960年)まではひとつの作品へ対して授与されていたが、それ以降は作家の全業績を対象としている。現在は作家賞と画家賞の2部門が存在する。

また、本賞に準じるものとして、世界各国の評議会によって選出された優秀な児童文学作品を掲載した「IBBYオナーリスト」が隔年で公刊され、作家・画家・翻訳に対して表彰が行われている。

Anderson (gold medal).jpg

なお、1968年から1969年にかけて講談社より「国際アンデルセン大賞名作全集」全16巻が刊行された[注釈 1]

作家賞編集

 
エリナー・ファージョン

1956年に開設。ただし、1956年から1960年までの3回はひとつの作品に対して、1962年以降は全業績に対して贈られている。

1956 - 1974編集

1976 - 1994編集

1996 - 2014編集

2016 -編集

画家賞編集

1966年に開設。

1966 - 1974編集

1976 - 1994編集

1996 - 2014編集

2016 -編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ エリナー・ファージョン著『銀色のしぎ』・『ガラスのくつ』、アストリッド・リンドグレーン著『長くつしたのピッピ』・『いたずらっ子エーミール』 、エーリヒ・ケストナー著『点子ちゃんとアントン』・『サーカスの小人とおじょうさん』、 マインダート・ディ=ヤング著『キャンディいそいでお帰り』・『いぬがやってきた』、 ルネ・ギヨ著『ぞうの王子サマ』・『チンパンジーのウオロ』 、トーベ・ヤンソン著『たのしいムーミン一家』・『ムーミン谷の冬』、 J・M・サンチェス=シルバ著『けがれなきいたずら』・『ろばのノン』、ジェームス・クリュス著『風のうしろのしあわせの島』・『パウリーネと風の中の王子』

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集