ピーター・シス

チェコのイラストレーター、作家

ピーター・シス(Peter Sís, Petr Sís, 1949年5月11日 - )は、チェコスロバキア出身でアメリカ合衆国絵本作家イラストレーター

ピーター・シス
Petr Sís
誕生 (1949-05-11) 1949年5月11日(73歳)
チェコスロバキアの旗 チェコスロバキア ブルノ
職業 絵本作家
イラストレーター
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 ロイヤル・カレッジ・オブ・アート
主な受賞歴 国際アンデルセン賞画家賞(2012年
配偶者 テリー・ライタ
公式サイト petersis.com (公式サイト)
テンプレートを表示

アニメーション制作者としてキャリアを開始したシスは、ロサンゼルス・オリンピックにおける東欧諸国のボイコットに対して、帰国を拒否し、アメリカへと移住した。

イラストレーターとしての児童文学への永続的な寄与により、2012年国際アンデルセン賞画家賞を受賞した[1][2]

経歴編集

チェコスロバキアが1948年の政変によってソ連型社会主義国となった翌年に、モラヴィア地方の都市ブルノにて3人兄妹の長男として生まれ、プラハで育つ。両親はともに芸術家であり、特に映像作家である父親のヴラジミール・シスは、生涯にわたってシスに大きな影響を与えた。

表現の自由が奪われ、検閲も厳しい環境下であったが、10代の頃はアレン・ギンズバーグのビート詩やロックンロール(特にビートルズビーチボーイズローリング・ストーンズ)などの西洋文化に興味を持つ。

1968年、プラハ美術工芸学校に進学し、アニメーション科を専攻。アニメーション作家であるイジー・トルンカの生徒に選ばれるが、友人と交換してアドルフ・ホフマイステル、次いでミロスラフ・ヤーグルのクラスに入る。 在学時は、ソビエト連邦軍を賞賛する作品を作るよう強要されるが、機転を効かせてかいくぐる[3]。同年年、プラハの春と呼ばれる改革運動が、ソビエト連邦軍のチェコスロバキアへの侵攻により潰され、育った街が「ソ連の戦車だらけ」[3]になる様を経験する。 また在学時には、ラジオ番組への出演やロック誌への寄稿をおこない、1969年にビーチ・ボーイズがプラハ公演を行った際には、会場のМCを務めた。

1974年、卒業制作としてアニメーション作品「擬態」を制作。卒業後、2年の兵役に就く。

1975年、西側の文化は禁止され、西側のラジオ放送は妨害、だれもがソ連体制に忠誠を誓わなければならない「正常化」の時代下において、プロとして初の仕事を得た。仕事内容は、ポップ歌手カレル・チェルノフのアルバム「空港」のカバー絵である。文化省、内務省へ絵の適性を問い合わせ、結果許可が降りた作品。

1977年、プロとして最初のアニメーション作品「6000個の目覚まし時計の島」を発表。 同年ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートに留学。クェンティン・ブレイクに師事する。 同年、祖国で、著名な芸術家がプラハ国立劇場に招待(のち監禁)され、「ソ連軍への友愛協力」を支持する文書に署名するよう命じられる。映像作家である父ヴラジミールは入院中で参加できなかったため安堵する。

1980年、短編アニメーション「頭」がベルリン国際映画祭アニメーション部門で金熊賞を受賞[4]

1982年、チェコ・アニメの代表としてロサンゼルス・オリンピックのアニメーションを制作するため渡米。

1983年ソ連および東欧諸国のオリンピックボイコットにより、帰国を迫られるがそれを拒否し、アメリカへ単身亡命。

1984年、父ヴラジミールの友人でもある映画監督ミロシュ・フォルマンよりアマデウスのポスターを依頼される。

1989年5月、アメリカ市民権を取得。同年11月ベルリンの壁崩壊後、プラハの家族と再会する。

1990年、映画プロデューサーのテリー・ライタと結婚。後に一男一女をもうける。

1996年、「ピーター・シス:時の夢想人」展がモントルイユにて開催。

1997年、「ピーター・シスの魔法の世界」展がプラハ城にて開催。

2004年、「マドレンカ」シリーズがTVアニメとして放送される。

2012年、長年の功績により、国際アンデルセン賞画家章を受章

2019年6月、「ピーターシス オデッセイアの絵本」展がエリック・カール絵本美術館で開催。同年9月、プラハのDOXギャラリーでペトル・シースの作品「フライングと他の夢について」が開催。

2021年「ピーター・シスの闇と夢」展が練馬区美術館で開催。

日本語訳された作品編集

  • 『身がわり王子と大どろぼう』シド・フライシュマン作、谷口由美子訳、偕成社、1989年
  • 『エレベーターのおきゃくさま』おおつきみずえ訳、偕成社、1991年
  • 『夢を追いかけろ -クリストファー・コロンブスの物語-』吉田悟郎訳、ほるぷ出版、1992年
  • 『コモドっ!』二宮由紀子訳、ブックローン出版、1994年
  • 『オーシャンワールド』ブックローン出版、1995年
  • 『ドラゴンたちは今夜もうたう』ジャック・プリラツキー作、小野耕世訳、偕成社、1995年
  • 『ずーっとしあわせ』二宮由紀子訳、ブックローン出版、1996年
  • 『ビーチボール』ブックローン出版、1996年
  • 『十三階の海賊たち』シド・フライシュマン作、谷口由美子訳、偕成社、
  • 『星の使者 -ガリレオ ガリレイ-』原田勝訳、徳間書店、1997年
  • 『マットくんのしょうぼうじどうしゃ』中川ひろたか訳、BL出版、1999年
  • 『とおいとおい北の国のちいさなほら話』松田素子訳、BL出版、2000年
  • 『マットくんのトラックトラック』中川ひろたか訳、BL出版、2000年
  • 『マットくんのふねふねヤッホイ!』中川ひろたか訳、BL出版、2000年
  • 『マットくんのきょうりゅうだ!』BL出版、2001年
  • 『マドレンカ』松田素子訳、BL出版、2001年
  • 『わたしはバレリーナ』松田素子訳、BL出版、2002年
  • 『さあ、羽をあげるよ』ジャック・タラヴァン文、いしづちひろ訳、BL出版、2003年
  • 『マドレンカのいぬ』松田素子訳、BL出版、2004年
  • 『三つの金の鍵 -魔法のプラハ-』柴田元幸訳、BL出版、2005年
  • 『生命の樹 -チャールズ・ダーウィンの生涯-』原田勝訳、徳間書店、2005年
  • 『どうしてかわかる?』ジョージ・シャノン文、福本友美子訳、晶文社、2005年
  • 『あたまをひねろう!』ジョージ・シャノン文、福本友美子訳、晶文社、2005年
  • 『やっとわかったぞ!』ジョージ・シャノン文、福本友美子訳、晶文社、2005年
  • 『かかし』シド・フライシュマン文、小池昌代訳、ゴブリン書房、2007年
  • 『モーツァルトくん、あ・そ・ぼ!』きむらみか訳、徳間書店、2007年
  • 『かべ -鉄のカーテンのむこうに育って-』福本友美子訳、BL出版、2010年
  • 『マドレンカ サッカーだいすき!』松田素子訳、BL出版、2012年
  • 『きみのすきなどうぶつなあに?』エリック・カールほか文、細江幸世訳、ポプラ社、2014年(共著)
  • 『飛行士と星の王子さま -サン=テグジュペリの生涯-』原田勝訳、徳間書店、2015年
  • 『ぼくはアイスクリーム博士』たなかあきこ訳、西村書店、2018年
  • 『夢見る人』パム・ムニョス・ライアン作、原田勝訳、岩波書店、2019年
  • 『ロビンソン』高柳克弘訳、偕成社、2020年
  • 『ニッキーとヴィエラ ホロコーストの静かな英雄と救われた少女』福本友美子訳、BL出版、2022年

参考図書編集

『ピーター・シスの闇と夢』(国書刊行会ISBN-13:978-4-336-07266-5

脚注編集

  1. ^ Winners of the 2012 HCA Awards” (英語). IBBY: INTERNATIONAL BOARD ON BOOKS FOR YOUNG PEOPLE (2012年3月19日). 2022年1月13日閲覧。
  2. ^ María Teresa Andruetto, Peter Sís Win Hans Christian Andersen Awards” (英語). Publisher's Weekly (2012年3月19日). 2022年1月13日閲覧。
  3. ^ a b ピーター・グライムズシス 自伝的絵本「かべ -鉄のカーテンのむこうに育って-」
  4. ^ Berlinale | Archive | Annual Archives | 1980 | Prize Winners” (英語). ベルリン国際映画祭. Kulturveranstaltungen des Bundes in Berlin GmbH (KBB) (1980年). 2022年1月13日閲覧。