国際連合安全保障理事会決議616

国際連合安全保障理事会決議616(こくさいれんごうあんぜんほしょうりじかいけつぎ616 : United Nations Security Council Resolution 616)は、1988年7月20日国際連合安全保障理事会において全会一致で採択された決議。イランの国連代表からの報告を受けた上で、国際連合安全保障理事会はイラン・イラク戦争の最中である同年7月3日ホルムズ海峡上空においてイラン航空655便がアメリカ海軍のミサイル巡洋艦「ヴィンセンス (CG-49)」からの砲撃により撃墜されたことを悼んだ。

Small Flag of the United Nations ZP.svg
国際連合安全保障理事会
決議616
日付: 1988年7月20日
形式: 安全保障理事会決議
会合: 2821回
コード: S/RES/616
文書: 英語

投票: 賛成: 15 反対: 0 棄権: 0
主な内容: イラン航空655便撃墜事件
投票結果: 採択

安全保障理事会(1988年時点)
常任理事国
中華人民共和国の旗 中国
フランスの旗 フランス
イギリスの旗 イギリス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦
非常任理事国
アルジェリアの旗 アルジェリア
アルゼンチンの旗 アルゼンチン
ブラジルの旗 ブラジル
西ドイツの旗 西ドイツ
イタリアの旗 イタリア
日本の旗 日本
ネパールの旗 ネパール
セネガルの旗 セネガル
ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア
ザンビアの旗 ザンビア

Iran Air 655 Strait of hormuz 80.jpg
ホルムズ海峡での事件発生現場を示した地図

その上で犠牲者に対して哀悼の意を表するとともに、イランからの要請により国際連合経済社会理事会の専門機関のひとつである国際民間航空機関: International Civil Aviation Organization(ICAO))がすぐに撃墜事件の調査に乗り出す決定をしたこと、およびイランアメリカが調査に協力する旨を表明したことを歓迎した。

決議616は、1944年に採択されたシカゴ条約の締結国に対して、民間航空機の安全性への規則と実践の遵守を行き渡らせるように要求した。またイランとイラクに対して、イラン・イラク戦争を終結させるために公正さを保ち、かつ永続的な基盤を持つ決議598(イラン・イラク戦争の終結要請)を着実に履行するように念を押した。

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集