国際連合緊急特別総会

国際連合緊急特別総会(こくさいれんごうきんきゅうとくべつそうかい、英語: Emergency Special Session of the United Nations General Assembly)は、、特定の問題について緊急の勧告を行うために開催される、通常会期以外の国際連合総会の会期である。

国際的な平和と安全の維持は通常、国際連合憲章第5章に基づき安全保障理事会が担っている。それに加えて、1950年11月3日、国連総会にて決議第377号「平和のための結集決議」を可決し、それまで安保理だけが保有していた、問題を検討する権限を拡大した。この決議では、ある問題について安保理が全会一致に至らず、決定を下すことができない場合、国連総会は24時間以内に緊急特別総会を開き、その問題を審議することができる[1][2][3][4]

緊急特別総会が開催されるのは稀であり、国連の歴史の中で10回しか開催されていない。ほとんどの緊急特別総会は1回の会期で終了しているが、第7回は4回、第10回は17回開催されている[5]

手続き編集

緊急臨時総会を招集するための手続きは、総会手続規則(Rules of Procedure of the General Assembly)に定められている。緊急臨時総会に係る規則は、次の通りである[6]

  • Rule 8(b) – Summoning at the request of the Security Council or Members
    • Emergency special sessions can be convened by a vote of nine members of the Security Council, or a majority of United Nations Member States. These sessions must be convened within 24 hours of any votes.
  • Rule 9(b) – Request by Members
    • Allows any Member State of the United Nations to request the Secretary-General to convene an emergency special session.
  • Rule 10 – Notification of session
    • Requires the Secretary-General to notify Member States, at least 12 hours in advance, of the opening of an emergency special session convened pursuant to rule 8(b).
  • Rule 16 – Agenda
    • States that the provisional agenda of an emergency special session shall be communicated to Member States simultaneously with the communication convening the session.
  • Rule 19 – Additional items
    • During an emergency special session, additional agenda items may be added for consideration by a two-thirds majority of the members present and voting.
  • Rule 20 – Explanatory memorandum
    • Requires any item proposed for inclusion in the agenda to be accompanied by an explanatory memorandum.

会期編集

緊急特別総会 議題 招集者 開催日 決議
第1回 第二次中東戦争(スエズ危機)   安全保障理事会 1956年11月1日-11月10日 A/3354
第2回 ソビエト連邦のハンガリーへの侵攻 1956年11月4日-11月10日 A/3355
第3回 レバノン紛争英語版 1958年8月8日-8月21日 A/3905
第4回 コンゴ動乱 1960年9月17日–9月19日 A/4510
第5回 第三次中東戦争(六日間戦争)   ソビエト連邦 1967年6月17日-9月18日 A/6798
第6回英語版 ソビエト連邦のアフガニスタンへの侵攻   安全保障理事会 1980年1月10日-1月14日 ES-6/1, 2
第7回英語版 パレスチナ問題   セネガル
  • 1980年7月22日-7月29日
  • 1982年4月20日-4月28日
  • 1982年6月25日-6月26日
  • 1982年8月16日-8月19日
  • 1982年9月24日
ES-7/1, 2, 3


ES-7/4
ES-7/5
ES-7/6
ES-7/9

第8回 南アフリカナミビア南西アフリカ)占拠   ジンバブエ 1981年9月3日-9月14日 ES-8/1, 2
第9回 イスラエルゴラン高原占拠   安全保障理事会 1982年1月29日-2月5日 ES-9/1
第10回 パレスチナ問題(東エルサレムイスラエル占領地英語版 (多数)
  • 1997年4月24日-4月25日
  • 1997年7月15日
  • 1997年11月13日
  • 1998年3月17日
  • 1999年2月5日・8日・9日
  • 2000年10月18日・20日
  • 2001年12月20日
  • 2002年5月7日
  • 2002年8月5日
  • 2003年9月19日
  • 2003年10月20日・21日
  • 2003年12月3日
  • 2004年7月20日
  • 2007年1月24日
  • 2007年4月4日
  • 2009年1月23日
  • 2017年12月21日
  • 2018年6月13日
ES-10/1, 2


ES-10/3
ES-10/4
ES-10/5
ES-10/6
ES-10/7
ES-10/8, 9
ES-10/10
ES-10/11
ES-10/12
ES-10/13
ES-10/14
ES-10/15
ES-10/16
ES-10/17
ES-10/18
ES-10/L.22 (draft)
ES-10/L.23

脚注編集

  1. ^    Charter of the United Nations. San Francisco: United Nations.(ウィキソース). (26 June 1945). p. 6. 
  2. ^ Ruder, Nicole; Nakano, Kenji; Aeschlimann, Johann (2017). Aeschlimann, Johann; Regan, Mary. eds. The GA Handbook: A practical guide to the United Nations General Assembly (2nd ed.). New York: Permanent Mission of Switzerland to the United Nations. pp. 14–15. ISBN 978-0-615-49660-3. https://www.eda.admin.ch/dam/mission-new-york/en/documents/UN_GA__Final.pdf 
  3. ^ United Nations General Assembly Session 5 Resolution 377. Uniting for Peace A/RES/377(V) 3 November 1950. Retrieved 24 February 2020.
  4. ^ Wesel, Reinhard (2010). Volger, Helmut. ed. A Concise Encyclopedia of the United Nations (2nd ed.). Leiden: Martinus Nijhoff. pp. 189–90. ISBN 9789004180048. http://www.mu.edu.et/iphc/images/Tourism/ebooksclub.org__A_Concise_Encyclopedia_of_the_United_Nations__2nd_Edition.pdf 
  5. ^ Emergency special sessions”. United Nations General Assembly. United Nations (n.d.). 2020年2月24日閲覧。
  6. ^ United Nations General Assembly Document 520/Rev.18. Rules of Procedure of the General Assembly A/520/Rev.18 September 2016. Retrieved 13 January 2020.

関連項目編集

外部リンク編集