メインメニューを開く

土岐 恒二(とき こうじ、1935年 - 2014年10月14日)は、日本英文学者

1960年東京都立大学英文科卒。1965年同大学院博士課程中退。東京都立大学助教授、教授1999年定年退官、名誉教授、文化女子大学教授。2006年、退職。英国世紀末文学専門だが、ラテンアメリカ文学の翻訳も行う。

著書・編著・共著編集

  • 『Metroporitan 土岐恒二の仕事 1961-2011』メトロポリタン編集局(2016年8月)。Kindle版
  • 『記憶の宿る場所 エズラ・パウンドと20世紀の詩』(児玉実英共監修、思潮社 2005年)
  • 『トマス・ハーディ 詩から小説への橋渡し』(森松健介共著、音羽書房鶴見書店 2015年)

翻訳編集

参考編集