土岐 頼稔(とき よりとし)は、江戸時代中期の大名駿河国田中藩の第2代藩主上野国沼田藩の初代藩主。沼田藩土岐家4代。官位従四位下丹後守侍従

 
土岐頼稔
Toki Yoritoshi.jpg
土岐頼稔
時代 江戸時代中期
生誕 元禄8年2月6日1695年3月20日
死没 延享元年9月12日1744年10月17日
別名 内匠、兵部(通称)、頼俊
戒名 乾光院殿真岩道如大居士
墓所 東京都品川区北品川東海寺春雨庵
官位 従四位下丹後守侍従
幕府 江戸幕府奏者番寺社奉行大坂城代京都所司代老中
主君 徳川家継吉宗
駿河田中藩主→上野沼田藩
氏族 土岐氏
父母 土岐頼殷:渡辺氏
兄弟 頼稔頼郷
正室松平忠雄の娘
頼煕菅沼定興定則定経松平康福正室、智峰院、木下俊泰正室、織田輔宜正室
テンプレートを表示

生涯編集

元禄8年(1695年)2月6日、または2月8日に田中藩初代藩主土岐頼殷の長男(3男だったが、2人の兄が早世したために世子となる、との説もある)として大坂で生まれる。正徳3年(1713年)7月、父の隠居により家督を相続する。奏者番寺社奉行大坂城代などを歴任した。享保17年(1732年)の享保の大飢饉における窮民対策で尽力したため、徳川吉宗に賞賛されている。享保19年(1734年)6月に京都所司代となる。寛保2年(1742年)6月に老中となり、同年8月に田中から上野沼田へ移封された。

延享元年(1744年)9月12日、50歳で江戸にて死去した。跡を長男の頼煕が継いだ。

系譜編集