メインメニューを開く

土庄中継局

放送区域編集

この中継局の電波法に定める放送区域(デジタル:1mV/m、アナログ:3mV/m)は香川県小豆郡土庄町の一部、約3,500世帯である[1]。具体的には土庄町中心部の全域とそこから銚子渓手前付近へ至る伝法川並びにそれと並行する小豆島スカイライン沿いにあたる。

アナログ放送においてはKSB瀬戸内海放送がこの中継局から電波を出していなかったため、KSBを視聴するにはパラスタックアンテナなどの高性能アンテナを用いて岡山局や高松局、小豆島局などの周辺送信所の電波を遠距離受信するしかなかった。

歴史編集

アナアナ変換編集

この中継局もデジタル放送開始にあわせて全国的に行われた現行アナログチャンネルの移行、いわゆる「アナアナ変換」の対象となり、2005年1月20日[2]より対策を開始、2005年5月31日[3]には旧チャンネルを停波し、新チャンネルに移行した。対象となったアナログチャンネルはRNC西日本放送(54ch→47ch)、RSK山陽放送(50ch→49ch)、OHK岡山放送(52ch→61ch)の3波である。対策世帯は土庄町の一部、約3,200世帯。この対策では同時に西讃岐中継局のアナアナ変換に伴う受信局の変更や共同受信設備の接続も行われた。

停波した旧アナログチャンネルは讃岐白鳥中継局でそれぞれRNC西日本放送、OHK岡山放送、NHK高松総合テレビのアナアナ変換後の新アナログチャンネルとして使用されている。またそのうち50chと52chは西讃岐中継局でもそれぞれOHK岡山放送とNHK高松総合テレビのアナアナ変換後の新アナログチャンネルとして使用されている。

地上デジタル放送編集

2009年3月6日四国総合通信局より予備免許交付[1]、週明け3月9日午前11時より試験放送を開始し、同月23日[4]に本放送を開始した。

この中継局のデジタル化はこの地域の大規模中継局及び重要中継局のそれが完了し、小規模中継局の整備が始まった2009年始めに行われた。この前には「綾上中継局」が開局しており、この後には岡山県の「備前瀬戸中継局」、香川県内に限れば「観音寺中継局」が続いた。その他、デジタル化以前にも高松局岡山局など周辺局のデジタル波を受信できれば地上デジタル放送が視聴できた地域もある。

このデジタル化により新たにKSB瀬戸内海放送がデジタル新局として開局した。

施設編集

中継局は土庄町中心部の東にあり小豆島町との境にある標高159.0mの高壺山に位置する。

アナログ放送においてKSB瀬戸内海放送は過去に小豆島中央部に位置する四方指から備讃瀬戸及び岡山県へ1kW(1979年から5kW)の高出力で送信していた経緯からこの土庄局には置局しておらず、1984年にそれが無くなった後もアナログ放送終了までアナログ波が送信されることは無かった。

アナログ放送においてTSCテレビせとうちの出力は他社が10Wで送信する中、半分の5Wで送信していたが、デジタル放送では他社と同じ1Wでの送信となり事実上の増力となった。

地上デジタルテレビジョン放送送信設備編集

リモコンキーID 放送局名 物理チャンネル 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
1 NHK高松総合テレビ 38ch 1W 3.6W 香川県 約3,500世帯
2 NHK高松教育テレビ 22ch 3.7W 全国放送
4 RNC西日本放送 34ch 3.6W 岡山県・香川県
5 KSB瀬戸内海放送 36ch
6 RSK山陽放送 43ch 3.5W
7 TSCテレビせとうち 14ch 3.7W
8 OHK岡山放送 16ch
※全局局名は土庄局
※全局に指向性あり
※中継局であるためコールサインは無い

地上アナログテレビジョン放送送信設備編集

チャンネル 放送局名 空中線電力 ERP 放送対象地域 放送区域内世帯数
47+ RNC西日本放送 映像10W/音声2.5W 映像40W/音声10W 岡山県香川県 -
49 RSK山陽放送
51+ TSCテレビせとうち 映像5W/音声1.25W 映像28W/音声7W -
56- NHK高松総合テレビ 映像10W/音声2.5W 映像44W/音声11W 香川県 -
58- NHK高松教育テレビ 全国放送
61- OHK岡山放送 映像40W/音声10W 岡山県・香川県
未割当 KSB瀬戸内海放送 不明 未開局 不明
※全局局名は土庄局
※全局に指向性あり
※中継局であるためコールサインは無い
※47ch、51chはオフセット+10kHz局※56ch、58ch、61chはオフセット-10kHz局

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集