メインメニューを開く

土肥 淳一郎(どひ じゅんいちろう、1906年明治39年)11月 - 1997年平成9年)5月3日[1])は、日本医学者皮膚科医東京慈恵会医科大学名誉教授東京慈恵会医科大学附属青戸病院東京慈恵会医科大学附属病院院長を歴任し、私学として初の日本皮膚科学会会頭を務めた[2]医学博士1937年東京帝国大学)。

土肥 淳一郎
(どひ じゅんいちろう)
生誕 土肥 淳一郎
(どひ じゅんいちろう)
1906年11月
日本の旗 日本
死没 (1997-05-03) 1997年5月3日(90歳没)
居住 日本の旗 日本
国籍 日本の旗 日本
研究分野 皮膚科学
研究機関 東京慈恵会医科大学
出身校 金沢医科大学 (旧制)医学部
医学博士東京帝国大学1937年
主な指導学生 遠藤繁子
影響を
受けた人物
土肥慶蔵、土肥章司
主な受賞歴 勲三等旭日中綬章
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

祖父は皮膚科学の権威で日本皮膚科学会創立者土肥慶蔵、父は元国立金沢病院院長で日本皮膚科学会名誉会頭土肥章司

子の土肥孝夫は、麻布中学校在学中1954年内郷丸遭難事件で犠牲となった[3]

来歴編集

栄典編集

著書編集

  • 『皮膚及性病学 皮膚編』日本医書出版 1947
  • 『小皮膚性病学』協同医書出版部 1949
  • 『美容成形』金原出版 1957
  • 『皮膚科新書』中央医書出版社 1958
  • 『皮膚科外来診療』金原出版 1959

他、論文多数。

出典編集

  1. ^ 『「現代物故者事典」総索引 : 昭和元年~平成23年 2 (学術・文芸・芸術篇)』日外アソシエーツ株式会社、2012年、744頁。
  2. ^ 『臨床皮膚科』22巻3号1968/3/1 p. 284-285
  3. ^ 歴史が眠る多磨霊園 土肥章司
  4. ^ http://www.jikei-doso.jp/newspaper/pdf/pdf144.pdf
  5. ^ http://www.jikei-doso.jp/newspaper/pdf/pdf510.pdf

博士論文編集

参考文献編集

  • 『土肥淳一郎教授定年退職記念業績目録』東京慈恵会医科大学皮膚科教室編 東京慈恵会医科大学皮膚科教室、1973.12

関連項目編集

外部リンク編集