メインメニューを開く

在日朝鮮人文学(ざいにちちょうせんじんぶんがく)は日本へ渡った朝鮮人によって書かれた文学作品の総称である。

目次

歴史編集

明治から戦中編集

李樹延は朝鮮政府使節団の一随員として渡日し、4年間の滞在中に聖書朝鮮語へ翻訳し出版を行った[1]日清戦争後朝鮮政府から日本へ派遣された留学生から成る大朝鮮人日本留学生親睦会編集の『親睦会会報』(1896年 - 1898年)や在東京朝鮮留学生学友会による『学之光』(1914年 - 1930年)が出版された[2][3]金東仁朱耀翰らによる文芸誌創造』(1919年)には日本語から重訳されたモーパッサンツルゲーネフグールモンらの翻訳が載っており、ヨーロッパ文学が日本語を介して紹介された[4]。また、外国文学専攻の留学生たちによって機関誌『海外文学』(1927年)なども刊行された[5]

張赫宙は朝鮮農民が窮状に堪えかねて|蜂起に至る過程を描いた『餓鬼道』(1932年)で『改造』(1932年4月)に当選したものの[6][7]、当初の農村振興運動は心田開発運動という皇民化運動に変質し、皇道朝鮮研究会の委員として親日文学に関わったことで批判される[8]1934年秋に金史良が『光の中に』で登場し、芥川賞候補となった[9]。この頃、洪鐘羽(筆名・青木洪)の『耕す人々の群』、韓植の詩集高麗村』が刊行された[6][10]

第二次世界大戦終戦後編集

1950年代は金達寿が『玄海灘』や「朴達の裁判」で芥川賞候補となった。また張斗植は『鶏林』、『現実と文学』での連載を経て、『ある在日朝鮮人の記録』(1966年)に自らの体験をまとめた[11]

1960年代にかけて李殷直の『濁流』、金石範の『鴉の死』、金達寿の『太白山脈』が発表された。「またふたたびの道」で群像新人賞を受賞した李恢成は『砧をうつ女』で第66回芥川賞を受賞した。1980年代に入って李丞玉金秉斗らは韓国文学の翻訳・紹介を行った。詩人の崔華国は『猫談義』を書いた。

金石範1998年に巨編『火山島』の全7巻を完結させた。また李恢成は長編『百年の旅人たち』(1994年)で、一世を日本の植民地支配の被害者でありながら二世に被害をもたらす加害者でもあるとして描いた[12]。『ナビ・タリョン』(1982年)によって文壇にデビューした李良枝ソウルに留学した体験から『由煕』(1988年)を書き、共同体の抑圧性や確固たるアイデンティティーの存在に疑問を投げかけ[13]、これにより1988年度下半期芥川賞を受賞した[14]。また鷺沢萠も韓国への語学留学の体験をエッセイ集『ケナリも花、サクラも花』(1994年)にまとめ、中編小説『君はこの国を好きか』(1997年)で、在日出自の留学生の韓国体験と受容を批評的に描いた。

デビュー作『凍える口』で日本人と朝鮮人の両者からのナショナル・アイデンティティの強制を描いた金鶴泳は『郷愁は終り、そしてわれらは―』(1983年)を書いた後、1985年1月4日自殺した[15]。劇作をしていた柳美里1994年に『石に泳ぐ魚』で小説家としてデビュー、『家族シネマ』で1996年度下半期芥川賞を[14]、『フルハウス』で泉鏡花文学賞および野間文芸新人賞を受賞した[16][17]。また玄月も『蔭の棲みか』で1999年度下半期芥川賞を受賞した[14]。『タクシードライバー日誌』(1984年)を書いた梁石日は『族譜の果て』(1989年)、『血と骨』(1996年)などで凄まじい家族史を描いている。任展慧は長年の研究成果を博士論文『日本における朝鮮人の文学の歴史―1945年まで』(1994年)にまとめた[18]

姜信子は『ごく普通の在日韓国人』(1987年)を書いた。自らのバックグラウンドをコリアン・ジャパニーズとし、「従来の在日文学では自分のアイデンティティの危機は救われなかった」と語った金城一紀は、2000年に『GO』で直木賞を受賞した[19]

2016年には崔実が「ジニのパズル」で群像新人賞を受賞し、芥川賞候補にもなった。

出典編集

  1. ^ 並松信久 「明治期における津田仙の啓蒙活動 ─ 欧米農業の普及とキリスト教の役割─」 (pdf)、『京都産業大学論集、社会科学系列』 (京都産業大学)第30号85-122頁、2013年http://ksurep.kyoto-su.ac.jp/dspace/bitstream/10965/890/1/AHSUSK_SSS_30_85.pdf2013年7月7日閲覧 
  2. ^ 白南徳 「明治新漢語の初出文献について― 韓国側の資料を契機として ―」、『広島大学大学院教育学研究科紀要 第二部』 (広島大学)第55号259-266頁https://doi.org/10.15027/183312016年10月30日閲覧 
  3. ^ 金基旺 「一九二〇年代在日朝鮮留学生の民族運動 - 在東京朝鮮留学生学友会を中心に -」 (pdf)、『歴史研究』第34号81-113頁、1997年http://ir.lib.osaka-kyoiku.ac.jp/dspace/bitstream/123456789/1307/1/rekisikenkyu34_p81-113.pdf 
  4. ^ 金希貞 (pdf) 『韓国近代文学成立期における大正期日本文学の受容 : 『白樺』派を 中心に 金沢大学大学院社会環境科学研究科博士論文要旨』 金沢大学、2003年6月、7-15頁http://dspace.lib.kanazawa-u.ac.jp/dspace/bitstream/2297/4712/1/000004251335-KIM-H.pdf2013年7月7日閲覧 
  5. ^ 裵美 (2010年6月25日). 1920年代における在日朝鮮人留学生に関する研究 : 留学生・朝鮮総督府・「支援」団体 (博士(社会学) thesis). 一橋大学.. http://hermes-ir.lib.hit-u.ac.jp/rs/handle/10086/18587 2013年7月7日閲覧。 
  6. ^ a b 神谷忠孝 「戦時下の朝鮮文学界と日本 −「内鮮一体」について−」 (pdf)、『北海道文教大学論集』 (北海道文教大学)第9号13-24頁、2008年3月25日。NAID 110008002942)http://libro.do-bunkyodai.ac.jp/research/pdf/treatises09/02A.pdf2013年7月7日閲覧 
  7. ^ 南富鎭 「昭和文学の朝鮮体験」、『筑波大学博士 (学術) 学位論文』 (筑波大学)163頁、1999年https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/61462013年7月7日閲覧 
  8. ^ 南富鎭 「昭和文学の朝鮮体験」、『筑波大学博士 (学術) 学位論文』 (筑波大学)7頁、1999年https://www.tulips.tsukuba.ac.jp/dspace/handle/2241/61462013年7月7日閲覧 
  9. ^ 安宇植『金史良―その抵抗の生涯』岩波書店、1972年、65頁。NCID BN01002404
  10. ^ 韓植 (日本語) 『高麗村』、東京: 汎東洋社、1942年12月。NCID BA45456859 
  11. ^ 高柳俊男 「渡日初期の尹学準一密航・法政大学・帰国事業」 (pdf)、『異文化 論文編』 (法政大学国際文化学部企画広報委員会)第5号1-35頁、2004年4月1日。 NAID 120000993901http://repo.lib.hosei.ac.jp/bitstream/10114/297/1/ibunka_5_takayanagi.pdf2013年7月8日閲覧 
  12. ^ 金在国 「李恢成文学におけるサハリンの風景」、『アジア社会文化研究』 (アジア社会文化研究会)第7号1-16頁、2006年3月31日。ISSN 13461567http://ir.lib.hiroshima-u.ac.jp/000233332013年7月8日閲覧 
  13. ^ 申銀珠 「ソウルの異邦人、その周辺 一李艮枝「由煕」をめぐって一」 (pdf)、『新潟国際情報大学情報文化学部紀要』 (新潟国際情報大学)。 オリジナルの2007年6月16日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20070616153022/http://www.nuis.ac.jp/ic/library/kiyou/7_shin.pdf2013年7月8日閲覧 
  14. ^ a b c 芥川賞受賞者一覧”. 文藝春秋. 2013年7月8日閲覧。
  15. ^ 朴裕河、「第十六章 「在日」朝鮮人作家金鶴泳の沈黙」 (pdf) 『日本近代文学とナショナル・アイデンティティ :博士学位請求論文』 早稲田大学、2003年http://dspace.wul.waseda.ac.jp/dspace/handle/2065/4472013年7月8日閲覧 
  16. ^ 泉鏡花文学賞”. 金沢市. 2013年7月8日閲覧。
  17. ^ 過去の受賞者一覧 : 野間文芸新人賞”. 講談社. 2013年7月8日閲覧。
  18. ^ 任展慧 『日本における朝鮮人の文学の歴史 : 1945年まで』 法政大学出版局、1994年1月。ISBN 4588470027 
  19. ^ 榎本正樹 (2001年11月1日). “金城一紀ロングインタビュー” (日本語). ダ・ヴィンチ. メディアファクトリー. 2013年7月8日閲覧。