坂本 健太郎(さかもと けんたろう、1980年7月18日 - )は、福岡県を登録地としている競輪選手日本競輪学校(以下、競輪学校)第86期生。競輪学校第90期生の坂本亮馬は実弟。師匠は中原優(競輪学校44期生)。ホームバンクは久留米競輪場

来歴 編集

2001年8月3日別府競輪場でデビューし初勝利を挙げた。

2011年西日本王座決定戦豊橋競輪場)決勝戦で、競輪学校同期の村上博幸に次いで2位に入った。また同年、6つ全ての4日間以上開催GIに出場した。

エピソード 編集

  • 2010年7月26日に昼間開催の川崎競輪場で行われた記念競輪(GIII)を弟の亮馬が優勝。そして同日、函館競輪場のナイター開催のFI(S級シリーズ)で当人が優勝し、兄弟同日優勝とあいまった。

参考文献 編集

関連項目 編集